【プロ野球】2017年6月度まとめ(順位、選手成績、記録)

日本プロ野球2017年6月のまとめ

日本プロ野球における2017年6月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。(2017年5月度のまとめ記事はこちら

6月のメインは何と言っても交流戦であったが、福岡ソフトバンクホークスが7度目の優勝で史上初の3連覇を達成した。

チーム
福岡 12 6 0 .667
広島 12 6 0 .667 0.0
西武 10 7 1 .588 1.5
阪神 10 8 0 .556 2.0
楽天 10 8 0 .556 2.0
オリ 10 8 0 .556 2.0
横浜 9 9 0 .500 3.0
中日 9 9 0 .500 3.0
ハム 8 10 0 .444 4.0
巨人 6 12 0 .333 6.0
千葉 6 12 0 .333 6.0
ヤク 5 12 1 .294 6.5

上位チームが順当に勝ちを重ねたパ・リーグに対し、巨人が大型連敗を喫するなど明暗がはっきりと分かれたセ・リーグだが、各球団の6月の成績がどうなったかを見ていきたいと思う。

2017年6月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(6月終了時点)

セ・リーグの2017年6月度の順位表

セ・リーグ月間順位(6月)

セ・リーグ2017年6月の月間順位表

セ・リーグ貯金推移(6月)

セ・リーグの2017年6月の貯金数推移

1位 広島東洋カープ

ジョンソン、中崎の復帰で投手陣が安定し、5月に悪化した防御率も6月終わりにはリーグ2位にまで持ち直した。相変わらず打線は強力で、6月は12球団トップとなる打率.281、115得点を記録。交流戦優勝こそ逃したものの、首位をガッチリキープし、2位・阪神に7.5ゲーム差を付けて独走態勢に入った。

2位 阪神タイガース

5月に引き続き、糸井・福留といったベテラン勢の不調から極度の貧打に苦しんだ打線。投手陣の踏ん張りのおかげで、交流戦は勝ち越しで終えたものの、リーグ再開後にまさかの6連敗。6月は12球団ワーストの61得点で、首位広島に大きく水をあけられてしまった。

3位 横浜DeNAベイスターズ

6月は打線好調で、月間113得点は広島に次ぐ第2位。苦手の交流戦も9勝9敗の5割で乗り切り、6月終了時点で借金なしの3位に躍り出た。桑原、ロペス、宮崎の好調に加え、不振に喘いでいた筒香が復活し、打線が完全に機能しだしたのが大きい。

4位 中日ドラゴンズ

巨人、ヤクルトが交流戦中に大型連敗を喫したことで最下位から一気に4位に躍り出た。6月は投打ともに上手く噛み合い、交流戦も5割で乗り切っている。鈴木、小笠原、柳といった若手投手の台頭が目覚ましく、また昨年で引退も囁かれた岩瀬がここにきて復活したのも大きい。

5位 読売ジャイアンツ

交流戦中に球団ワーストとなる13連敗を記録し、順位も3位から5位まで一気に転落した。交流戦最終週こそ6試合で34得点と打線が機能したが、リーグ戦再開後は6試合で13得点と連敗中の貧打線に逆戻り。昨年2位のメッキも剝がれ、カード負け越しが続く苦しい展開だ。長野が打率.280に乗せたことが唯一の朗報か。

6位 東京ヤクルトスワローズ

交流戦中に10連敗を喫し、5勝12敗1分で交流戦最下位、リーグでも最下位に沈んでいる。とにかく怪我人が多く、川端、畠山に続いて、バレンティン、雄平、中村悠、小川、秋吉が離脱するなど、もはや戦線を維持するのがやっとの状態となっている。

パ・リーグ順位表(6月終了時点)

パ・リーグの2017年6月度の順位表

パ・リーグ月間順位(6月)

パ・リーグ2017年6月の月間順位表

パ・リーグ貯金推移(6月)

パ・リーグの2017年6月の貯金数推移

1位 東北楽天ゴールデンイーグルス

5月までは絶好調だった楽天打線だが、茂木の故障などもあって調子が急降下し、月間打率.228はパ・リーグ最下位となっている。それでも則本、岸、美馬の3本柱を中心に勝ち星を重ね、6月は12勝9敗と勝率2位に輝いているのだが、2位ソフトバンクがそれを上回る15勝8敗で猛追してきており、ゲーム差は1.5に縮まっている。

2位 福岡ソフトバンクホークス

交流戦7度目の優勝で見事3連覇を達成したホークス。投打ともに好調で、月間防御率は12球団唯一の2点台をマークしている。内川、デスパイネ、高谷、千賀がケガで離脱するなど苦しい局面ではあったが、代わりに柳田が12本塁打31打点と大爆発。先発も育成出身の石川が好投するなど、離脱者の穴を見事に埋めてみせた。

3位 埼玉西武ライオンズ

交流戦中は打撃陣の調子が良く、10勝7敗1分の3位という成績。特に秋山、メヒアが好調で、ふたりで12本32打点と打線の核を担った。このまま昇り調子で行くかと思われたが、鉄壁だった中継ぎ陣(シュリッター、牧田)に疲れが見え始め、リーグ戦再開後は1勝4敗と負けが込んでいる。

4位 オリックスバファローズ

リーグトップの月間打率.264を記録しているにも関わらず、得点はリーグワーストの79得点という不思議な状態のオリックス。とはいえ6月はロメロ、マレーロ、モレルといった外人野手が好調で、投手陣では山岡、黒木といったルーキーの活躍もあり、11勝10敗と勝ち越しに成功している。

5位 北海道日本ハムファイターズ

連勝は出来ないが連敗はするといった感じで、交流戦は9位、6月は9勝14敗と相変わらず低迷が続く。打線は大田、松本、西川の上位打線が好調だったが、中軸がなかなか返せないことも多かった。6月終盤には大谷が1軍復帰するものの、まだ万全でないこともあり起爆剤とはなれていない。有原が好投しているのが救いか。

6位 千葉ロッテマリーンズ

新加入のサントスの働きもあり、交流戦では打率を大分持ち直したものの、倒壊具合は相変わらずで月間防御率はリーグワーストの4.30。もはや戦術どうこうのレベルではなく、未だに打率、防御率、得点、失点は12球団ワーストのままだ。不振に喘いでいたエース石川が何とか1勝できたものの、ドラ1佐々木が二軍落ちするなど、苦しい台所事情は続いている。

2017年6月の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セ・リーグ6月の打撃3部門10傑

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セ・リーグ6月の投手3部門10傑

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パ・リーグ6月の打撃3部門10傑

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パ・リーグ6月の投手3部門10傑

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2017年6月の月間MVP候補一覧

6月の月間MVP候補選手の成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

広島・丸が、打率・安打数・打点でリーグトップをマークし、文句なしの初受賞となった。交流戦でも首位打者(打率.411)に輝き日本生命賞を獲得。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
丸 佳浩 広島 .402 21 82 33 6 22 0 .468 .756 1.224
坂本 勇人 巨人 .346 21 78 27 2 13 1 .414 .500 .914
ロペス 横浜 .330 22 88 29 9 20 0 .344 .705 1.049
ゲレーロ 中日 .325 23 83 27 9 19 0 .387 .747 1.134
宮崎 敏郎 横浜 .321 22 81 26 6 17 0 .396 .556 .951
筒香 嘉智 横浜 .311 22 74 23 6 19 0 .441 .622 1.062

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

セ・リーグ【投手部門】

中日・岩瀬が、14試合に登板して全試合無失点に抑える活躍で、12年ぶりとなる2度目の受賞を果たした。月間10ホールドはリーグトップ。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 投回 完投 完封 奪三 自責
今永 昇太 横浜 1.57 3 2 1 0 0 23 2 1 17 4
マイコラス 巨人 2.20 4 2 1 0 0 28.2 0 0 34 7
ブキャナン ヤク 2.25 5 3 0 0 0 32 1 1 22 8
バルデス 中日 2.54 4 3 1 0 0 28.1 0 0 15 8
*岩瀬 仁紀 中日 0.00 14 1 0 0 10 11.2 0 0 11 0
*桑原 謙太朗 阪神 0.00 10 0 0 0 6 9 0 0 10 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【打者部門】

ソフトバンク・柳田が、本塁打、打点、得点(22)、塁打(72)、出塁率、長打率、得点圏打率(.500)でリーグトップをマークし、文句なしで4度目の受賞となった。柳田は交流戦MVPも獲得している。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
ロメロ オリ .372 22 78 29 8 19 0 .424 .718 1.141
西川 遥輝 ハム .368 23 87 32 1 6 9 .461 .494 .955
武田 健吾 オリ .364 22 66 24 0 3 0 .391 .455 .846
柳田 悠岐 福岡 .363 23 80 29 12 31 2 .480 .900 1.380
松本 剛 ハム .338 23 77 26 0 5 0 .370 .416 .786
メヒア 西武 .290 21 69 20 7 17 0 .383 .638 1.020

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【投手部門】

西武・十亀が、4試合に登板して3勝0敗で初受賞。3勝した先発投手の中で、最も防御率が良かったのが決め手となった。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 投回 完投 完封 奪三 自責
有原 航平 ハム 0.77 3 2 0 0 0 23.1 0 0 8 2
岸 孝之 楽天 1.24 4 2 1 0 0 29 0 0 31 4
美馬 学 楽天 1.24 4 2 0 0 0 29 0 0 27 4
ウルフ 西武 1.96 4 1 0 0 0 23 0 0 16 5
十亀 剣 西武 3.09 4 3 0 0 0 23.1 0 0 18 8
*黒木 優太 オリ 4.97 12 4 1 1 4 12.2 0 0 13 7

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

2017年6月の記録・ニュース

巨人が球団ワーストとなる13連敗

巨人が5月25日(木)の阪神戦からスタートして、6月8日(木)の西武戦までの間に13連敗という球団ワースト記録を更新した。これまでの球団記録は、長嶋茂雄監督が就任1年目の1975年に記録した11連敗であったが、今回でこの不名誉な記録を塗り替えることとなった。

中日・ゲレーロの6試合連続本塁打

中日・ゲレーロが6月3日の楽天戦で6試合連続となるホームランを放った。6試合連続は球団新記録であり、王(巨人)、バース(阪神)の7試合連続まであと一歩に迫る勢いであった。ゲレーロは交流戦だけで9本の本塁打を量産している。

楽天・則本の8試合連続2桁奪三振

楽天・則本が6月8日の横浜DeNA戦に先発し、9回12奪三振で完投勝利を飾った。これで8試合連続での2桁奪三振となり、自身が前週に達成した7試合連続2桁奪三振の日本記録を更新した。ちなみに8試合連続はMLB記録にも並んだことになる。

セ・リーグ初の継投ノーヒットノーラン

6月14日の巨人vsソフトバンク戦において、巨人がセ・リーグ初となる継投でのノーヒットノーランを達成した。山口俊→マシソン→カミネロの継投で、四死球を6つ出しながらもヒットは0に抑えた。ちなみにパ・リーグでは2007年に日本ハムがソフトバンクに対して、八木→武田久→中村の継投で達成している。また日本シリーズでは、2007年の中日が山井→岩瀬の継投で完全試合を達成している。

中日・荒木、HOU・青木が2000本安打達成

6月3日の楽天戦にて、中日・荒木雅博がプロ通算2000本安打を達成した。また6月11日には、ヒューストン・アストロズの青木宣親が日米通算2000本安打を達成した。これで日米通算も含めた2000本安打達成者は53名となった。

スポンサーリンク