【プロ野球】2018年8月度まとめ(順位・選手成績・記録)

日本プロ野球2018年8月のまとめ

日本プロ野球における2018年8月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。(2018年7月度のまとめ記事はこちら

セ・リーグでは8月15日に広島にマジック32が点灯し、8月終了時点でマジックを17まで減らしている。パ・リーグではマジック点灯はしていないものの、西武が2位に6ゲーム差をつけて首位をキープ。ただ2位ソフトバンクの追い上げも凄まじく、予断を許さない状況と言える。

2018年8月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(8月終了時点)

セ・リーグの2018年8月度の順位表

セ・リーグ月間順位(8月)

セ・リーグの2018年8月の月間順位

セ・リーグ貯金推移(8月)

セ・リーグの2018年8月の貯金数推移

1位 広島東洋カープ

7月に引き続き8月も17勝9敗1分の勝率.654で首位を快走。8月は3番丸が打率347、OPS1.193、4番鈴木が打率.414、OPS1.385と月間MVP級の活躍を見せた。8月の投手防御率4.58は12球団中11位で、守護神・中崎が失点するシーンも多く見られたが、取られた分を取り返す打線のおかげで順調に勝ちを重ねている。

2位 東京ヤクルトスワローズ

8月は14勝11敗で月間2位。7月に続いて山田、バレンティンが月間OPS1.000超と好調で、1~3番の出塁率も4割を超えるなど、12球団一の上位打線を誇っている。投手陣では勝ちパの近藤、石山に疲れが見えるが、先発・原が覚醒するなど好材料も。8月のチーム成績は広島とほぼ同じだが、直接対決で2勝4敗と負け越したのが痛かった。

3位 読売ジャイアンツ

8月は13勝13敗1分で月間3位。先発陣の調子が良く、8月の先発防御率3.42はリーグトップ。その分、救援陣に不安があり、8月の救援防御率は4.62で、試合終盤に逆転や勝ち越しを許して負ける場面が多く見られた。打線では坂本に続いて吉川尚が離脱し、二遊間を欠く厳しい状況となったが、4番岡本が打率.340、8本、28打点の活躍で気を吐いた。

4位 阪神タイガース

8月は11勝13敗で月間4位。糸井、梅野が月間OPS1.000超と好調だったが、ホームランが少ないこともあって、8月のチーム得点91はリーグ最少。また先発陣は7月に引き続き不調で、先制点を許してそのまま負ける試合も多かった。8月の救援防御率3.25はリーグトップなので、何とか先発と打線に奮起してもらいたいところ。

5位 横浜DeNAベイスターズ

8月は10勝15敗で月間6位。6,7月に引き続き倒壊が止まらず、8月のチーム防御率4.96は12球団最下位。特に先発陣が苦しい状況で、序盤に先発が打ち込まれて負ける試合が少なくない。打線では宮崎、筒香が月間OPS1.000超と好調で、ソトも8月だけで11本塁打と破壊力はあるが、投手陣の失点をカバーできる程には至っていない。

6位 中日ドラゴンズ

8月は11勝15敗で月間5位。ビシエドが8月47安打でセ・リーグの月間最多安打記録を更新するなど爆発したが、チーム全体で見ると長打が少なく、8月のチームOPS.709はリーグ最下位。広島、ヤクルト、巨人と同様に救援陣が不安定で、8月は救援防御率4.52とCS進出に向けては少し苦しい状況だ。

パ・リーグ順位表(8月終了時点)

パ・リーグの2018年8月度の順位表

パ・リーグ月間順位(8月)

パ・リーグの2018年8月の月間順位

パ・リーグ貯金推移(8月)

パ・リーグの2018年8月の貯金数推移

1位 埼玉西武ライオンズ

8月は15勝10敗1分の月間2位。新外国人のヒース、マーティンの加入で、これまでボロボロだった救援陣の整備に成功し、8月の救援防御率2.77は12球団トップ。打線では4番山川が月間打率.217と調子を落としているものの、浅村、中村が共に8月で26打点を稼ぐなど破壊力は健在で、7月に3ゲームだった2位との差を6ゲームに広げている。

2位 福岡ソフトバンクホークス

8月は18勝6敗の勝率.750と圧倒的な強さを見せ、日本ハムを抜いて2位に躍り出た。投打ともに絶好調で、8月のチーム防御率3.10、チームOPS.848はいずれも12球団トップ。千賀、柳田といった中心選手に加え、8月はミランダ(2勝0敗、防御率2.33)、グラシアル(.318、4本、15打点)と新外国人が台頭し、破竹の9連勝で首位・西武に迫っている。

3位 北海道日本ハムファイターズ

8月は10勝13敗2分で月間4位。7月に2人で6勝を挙げた上沢、有原の両投手が、8月は2人でわずか1勝とピリッとせず。8月の先発防御率5.02はリーグ最下位となっている。首位・西武にはゲーム差を広げられてしまったが、8月後半からスタメン定着した浅間、清宮が好調なうえ、大田がケガから復帰するなど、今後の巻き返しが期待される。

4位 千葉ロッテマリーンズ

8月は9勝14敗で月間5位。とにかく打線が沈黙しており、8月は打率.300以上もOPS.800以上も一人も居ないという事態に陥っている。7月に月間MVPを獲得した井上も、8月は打率.253、OPS.673と低迷しており、8月のチーム得点66は12球団最下位。先発の有吉が3勝0敗、防御率2.05と調子が良いが、なかなか先発陣に勝ち星がつかない状態だ。

5位 オリックスバファローズ

8月は11勝13敗1分で月間3位。中継ぎから復帰した山岡を始め、先発陣の調子が良く、8月の先発防御率3.48はリーグ2位。ただ打線は7月に続いて貧打に喘いでおり、月間OPS.900超は吉田のみで、投手陣が抑えてもなかなか勝てない状況だ。同じく貧打に苦しむロッテに、8月で5勝1敗と大きく勝ち越せたのは大きい。

6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

8月は8勝15敗2分で月間6位。8月のチーム防御率3.38は12球団中2位で、救援陣は高梨、久保が0点台、宋、松井、青山が1点台と素晴らしい成績を残している。ただロッテ、オリックスと同様に極度の貧打に悩まされており、8月のチーム打率.222、出塁率.290は12球団最下位。田中和基が新人王に向けて着々と成績を伸ばしているのが救いか。

2018年8月の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セ・リーグ2018年8月度の打撃タイトル争い

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セ・リーグ2018年8月度の投手タイトル争い

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パ・リーグ2018年8月度の打撃タイトル争い

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パ・リーグ2018年8月度の投手タイトル争い

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2018年8月の月間MVP候補一覧

8月の月間MVP候補選手の成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

中日・ビシエドが3度目の受賞。リーグトップの打率.465をマークし、セ・リーグ新記録となる月間47安打を放ったことが評価された。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
ビシエド 中日 .465 26 101 47 7 24 1 .526 .723 1.249
鈴木誠也 広島 .414 26 99 41 12 29 0 .517 .869 1.385
糸井嘉男 阪神 .387 23 75 29 3 15 0 .516 .587 1.102
丸佳浩 広島 .347 27 101 35 10 28 1 .480 .713 1.193
岡本和真 巨人 .340 27 97 33 8 28 0 .443 .639 1.083

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

セ・リーグ【投手部門】

広島・フランスアが初受賞。プロ野球タイ記録となる月間18登板をマークし、防御率0.51、10ホールドの好成績を挙げたことが評価された。

選手名 球団 防御率 試合 投回 奪三 完投 完封 自責
菅野智之 巨人 1.50 4 2 0 0 0 30 34 2 2 5
大瀬良大地 広島 1.53 4 3 0 0 0 29.1 28 0 0 5
今村信貴 巨人 1.86 4 2 0 0 0 29 20 1 1 6
原樹里 ヤク 2.83 4 3 0 0 0 28.2 27 1 1 9
*フランスア 広島 0.51 18 0 1 1 10 17.2 19 0 0 1

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【打者部門】

西武・中村が2度目の受賞。リーグトップの本塁打12、打点26、長打率.747をマークし、パ・リーグタイ記録となる6試合連続本塁打を記録したことも評価された。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
松田宣浩 福岡 .371 24 89 33 8 21 1 .446 .708 1.153
柳田悠岐 福岡 .342 23 73 25 7 21 2 .496 .726 1.221
浅村栄斗 西武 .321 26 109 35 4 26 0 .380 .486 .866
中田翔 ハム .320 25 100 32 6 19 0 .360 .560 .920
中村剛也 西武 .319 26 91 29 12 26 0 .417 .747 1.164

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【投手部門】

ソフトバンク・千賀が初受賞。リーグトップの4勝0敗、防御率0.86、奪三振37をマークし、文句なしの受賞となった。

選手名 球団 防御率 試合 投回 奪三 完投 完封 自責
千賀滉大 福岡 0.86 4 4 0 0 0 31.1 37 1 1 3
山岡泰輔 オリ 1.35 9 3 0 0 4 26.2 23 0 0 4
有吉優樹 千葉 2.05 4 3 0 0 0 26.1 13 0 0 6
*ヒース 西武 0.00 13 0 0 8 4 13 22 0 0 0
*宮西尚生 ハム 0.00 13 0 1 0 11 11.2 13 0 0 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

2018年8月の記録・ニュース

中日・平田がサイクルヒット達成

8月16日の横浜戦にて、平田良介(中日)が史上68人目(73度目)となるサイクルヒットを達成した。

西武がトリプルプレー達成

8月28日の楽天戦にて、1回表に今江(楽天)の打ったライナーをサード・中村が捕球。そのままセカンド・浅村、ファースト・山川へと転送し、5-4-3のトリプルプレーが完成した。

中日・ビシエドがセ・リーグの月間最多安打記録を更新

8月31日の巨人戦でビシエド(中日)が月間47本目となるヒットを放ち、村田(巨人)が2013年8月に記録した月間46安打を抜いて、セ・リーグの月間最多安打記録を更新した。日本記録は1996年8月にイチロー(オリックス)が記録した月間48安打。

セ・パ両リーグで月間登板数の最多タイ記録を達成

フランスア(広島)、山田修義(オリックス)の両投手が8月に18登板を記録し、56年9月稲尾(西鉄)と13年5月益田(ロッテ)がマークした2リーグ制後のプロ野球記録に並んだ。

スポンサーリンク