【プロ野球】2017年4月度まとめ(順位・選手成績・記録)

シーズン終了後に1年を総括するための備忘録として、月ごとにまとめ記事を書くことにした。

内容としては、「月間順位表」「貯金数推移表」「各球団コメント」「個人タイトル」「月間MVP候補選手の成績一覧」「話題になった記録・ニュースのまとめ」となっている。

早速、2017年4月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。

2017年4月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(4月終了時点)

セリーグの2017年4月度の順位表

セ・リーグ貯金推移(4月)

2017年4月のセリーグの貯金数推移

1位 広島東洋カープ

開幕直後に破竹の10連勝で首位を独走。打線が好調で、4月中旬には1番~6番まで3割越えの打者が並ぶこともあった。相手のミスにつけ込んで大量点を奪うシーンが多く見られ、「失策責任追及打線」という言葉まで生まれたほど。鈴木誠也の4番起用も功を奏し、このまま独走するかと思われたが、途中で打線が冷えて足踏み。早々に離脱したジョンソンと中崎の影響も大きいか。

2位 阪神タイガース

超変革を掲げた打線は、糸井の新加入もあり得点力が大幅アップ。糸井、福留、鳥谷といった高出塁率の打者が多く並び、「四球乞食打線」と揶揄される場面も。攻撃力が上がった一方、守備にはかなり不安を抱えており、1試合1個ペースでエラーを量産。ただ勝ちパターンのマテオ、ドリスが安定しているため、打線の力と合わせて2位をキープしている。

3位 読売ジャイアンツ

阿部の好調もあり開幕6連勝を飾るも、坂本、阿部、マギーのクリーンナップ以外が打てず、打線が機能しないことも多かった。阿部が冷え切った頃には、「坂本個人軍」と揶揄される場面も。先発陣は菅野を筆頭に4本柱が安定していたが、中継ぎが手薄で終盤に点を取られて負ける試合も多い。先発&クリーンナップのおかげで何とか3位だが、FA3人組が全く働いてないのは痛い誤算。

4位 横浜DeNAベイスターズ

昨年の二冠王・筒香が絶不調で、4月の本塁打はわずかに1本。その分、ロペスと梶谷が奮起して、何とか得点を重ねている。ただ中継ぎ・抑えに不安を抱えており、なかなか勝ちきれない試合も多い。新人の濱口が先発で好投しているのがプラス要素か。4月終盤に筒香の調子が上向きだしたものの、勝率5割の壁は越えられなかった。

5位 東京ヤクルトスワローズ

WBCに出場した山田&バレンティンが絶不調。山田は4月終盤に打率1割台に突入するほどで、バレンティンも集中力を欠いて三振を量産。クリーンナップが完全に冷え切っていたが、その分先発陣が奮起して試合を作った。昨年までの打のチームとは180度違っており、エース・小川の復調もプラス要素か。山田の調子が上向きだしたので、5月以降の追い上げに期待。

6位 中日ドラゴンズ

開幕から19試合連続で先発に勝ちが付かないなど、4月は最下位をひた走った。中継ぎ陣もイマイチで、先制点をあげるものの、終盤に逆転負けを喫する試合も多かった。打線は大島が絶好調も、ビシエド、ペゲーロといった中軸が冷え冷えで点が入らず。大島を3番に置いてから点が入るようになり、何とかゲーム差無しの5位にとどまった。

パ・リーグ順位表(4月終了時点)

パリーグの2017年4月度の順位表

パ・リーグ貯金推移(4月)

2017年4月のパリーグの貯金数推移

1位 東北楽天ゴールデンイーグルス

開幕4連勝を決めるなど、4月中は常に首位をひた走った。原動力となったのが、茂木&ペゲーロの超攻撃的1・2番コンビ。日本一に輝いた2013年を彷彿とさせるほどの得点力で、打ち勝つ試合も多かった。また守護神・松井裕樹を始めとした鉄壁のリリーフ陣により、僅差の試合を落とさないことも強さの秘訣だろう。監督就任2年目に必ず優勝するという梨田監督のジンクス達成なるか?

2位 オリックスバファローズ

開幕3連敗を喫し、今季も絶望かと思われたが、その後は連勝を重ねて気付けば2位。開幕3連戦が事実上の首位攻防戦だったようだ。エース・金子の復調に加え、西、ディクソンなどの先発陣が好調。打線では小谷野とT-岡田が絶好調で、打線の起爆剤となっている。ここを敬遠されたときに、点が取れるかどうかが今後の課題か。

3位 埼玉西武ライオンズ

打線の強さは相変わらずで3位をキープ。前年まで在籍した岸が楽天に移籍したこともあり、先発陣は菊池雄星とウルフ以外ピリッとしないが、打ち勝つ野球で勝ちを重ねている。秋山、浅村、中村、メヒアの長打力は抜群で、ルーキー源田の活躍もプラス要素か。なぜか外野の層が非常に薄いので、補強できればさらに上も狙えるだろう。

4位 福岡ソフトバンクホークス

和田、武田とエース級の投手が相次いで離脱し、先発陣が苦しい状態。打線では4番・内川が大暴れしているものの、序盤は松田の不調もあって去年ほどの得点力を発揮できなかった。4月終盤からデスパイネが打ちだし、上林も活躍しだしているので、上がり目はかなりある。相変わらず異常な安定感を見せるサファテも強みだろう。

5位 千葉ロッテマリーンズ

4月のチーム打率.186と打線が暗黒期に入っている。全く点が入らないので、投手陣は見殺し状態。試合後に打撃練習を居残りで実施するものの、なかなか調子は上がってこず。唯一好調をキープしていた鈴木大地も、4月終盤には成績が落ち始め、最下位も見え始めたか。怪我で離脱した角中の復帰が望まれる。

6位 北海道日本ハムファイターズ

4月は6連敗のあと10連敗と、とても昨年の日本一チームとは思えない状態。早々に大谷、中田が離脱してしまい、打線では近藤が孤軍奮闘するも、得点は12球団最下位という体たらく。4月終盤に中田が復帰して、レアードにもホームランが出始めたので、ここからの巻き返しは十分ありそう。巨人から移籍した大田泰示の活躍も地味に光る。

2017年4月の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セリーグ4月の打率、本塁打、打点のベスト10

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セリーグ4月の防御率、勝利数、セーブ数のベスト10

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パリーグ4月の打率、本塁打、打点のベスト10

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パリーグ4月の防御率、勝利数、セーブ数のベスト10

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2017年4月の月間MVP候補一覧

月間MVP候補選手の4月度成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

中日・大島が、リーグトップとなる打率.372、42安打をマーク。1試合4安打を4度記録、1000本安打達成など話題性も高く初受賞となった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁 長打 OPS
大島 洋平 中日 .372 26 113 42 1 8 5 .413 .442 .856
ロペス 横浜 .333 25 105 35 4 21 0 .349 .533 .882
エルドレッド 広島 .324 27 74 24 4 16 0 .433 .541 .974
糸井 嘉男 阪神 .318 24 88 28 4 20 3 .435 .489 .927
鈴木 誠也 広島 .318 27 107 34 5 19 4 .373 .514 .887
阿部 慎之助 巨人 .305 23 82 25 5 24 0 .366 .512 .878

出典:NPB – 月間MVP

セ・リーグ【投手部門】

阪神・メッセンジャーが、リーグトップとなる4勝、37奪三振をあげ、抜群の安定感で2度目の受賞となった。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 完投 完封 投回 奪三 自責
又吉 克樹 中日 0.88 6 2 0 0 0 0 1 30.2 16 3
濵口 遥大 横浜 1.17 4 2 0 0 0 0 0 23 26 3
小川泰弘 ヤク 1.56 5 3 2 1 1 0 0 34.2 32 6
菅野 智之 巨人 1.76 4 3 0 2 2 0 0 30.2 28 6
メッセンジャー 阪神 1.95 5 4 0 0 0 0 0 32.1 37 7
マイコラス 巨人 2.18 5 3 1 0 0 0 0 33 22 8

出典:NPB – 月間MVP

パ・リーグ【打者部門】

オリックス・T-岡田が、リーグトップとなる7本塁打、長打率.675を記録。全試合に先発出場し、その他の指標も安定して高いことから、2度目の受賞となった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁 長打 OPS
近藤 健介 ハム .416 25 77 32 2 16 3 .558 .584 1.142
岡島 豪郎 楽天 .371 20 62 23 1 6 2 .431 .484 .914
浅村 栄斗 西武 .361 23 97 35 2 18 1 .400 .474 .878
T-岡田 オリ .351 23 77 27 7 15 0 .485 .675 1.160
内川 聖一 福岡 .340 26 94 32 5 20 0 .432 .553 .986
茂木 栄五郎 楽天 .318 20 85 27 5 14 1 .426 .576 1.002

出典:NPB – 月間MVP

パ・リーグ【投手部門】

オリックス・金子が、リーグトップとなる4勝、37投球回、2完投をあげ、文句なしで7度目の受賞となった。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 完投 完封 投回 奪三 自責
金子 千尋 オリ 1.70 5 4 0 2 1 0 0 37 23 7
ウルフ 西武 1.74 5 4 0 0 0 0 0 31 11 6
ディクソン オリ 3.38 4 4 0 0 0 0 0 24 14 9
*サファテ 福岡 0.00 11 0 0 0 0 10 0 10.2 16 0
* 松井 裕樹 楽天 0.53 16 2 1 0 0 10 2 17 20 1
* 森原 康平 楽天 0.63 15 1 1 0 0 0 9 14.1 10 1

出典:NPB – 月間MVP

2017年4月の記録・ニュース

1試合28四死球の日本記録

4月1日の広島vs阪神戦で、「1試合28四死球」という日本新記録が生まれた。5時間24分にも及んだ試合は、10回裏に広島がサヨナラ勝ちを収めている。詳細は下記記事を参照。

中日、19試合連続先発の勝ち星なし

中日が「開幕から19試合連続で先発に勝ち星なし」という日本新記録を達成。それまでの日本記録は、1969年に大洋が記録した16試合であった。

楽天・松井裕樹の三者連続三球三振

4月25日の楽天vsロッテ戦で、9回に楽天の守護神・松井裕樹が「三者連続三球三振」を達成。過去の達成者は17人(18度)で、松井が18人目の達成者となった。

ロッテ、4月のチーム打率1割台

ロッテが52年ぶりに「4月の月間チーム打率1割台」を記録した。前回の記録は1965年に東京オリオンズ(現・千葉ロッテ)が記録した.196で、今回ロッテが記録した4月チーム打率.186というのは戦後最低となる。

スポンサーリンク