【プロ野球】2017年5月度まとめ(順位、選手成績、記録)

日本プロ野球における2017年5月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。(2017年4月度のまとめ記事はこちら

5月を終えて、セパ両リーグともに上位2チームが抜けた形だが、交流戦を通してどう変動するかにも注目。

2017年5月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(5月終了時点)

セリーグの2017年5月の順位表

セ・リーグ月間順位(5月)

セ・リーグ2017年5月の月間順位表

セ・リーグ貯金推移(5月)

2017年5月のセリーグの貯金数推移

1位 広島東洋カープ

GWに阪神に3タテされたのをきっかけに投壊気味となり、チーム成績が低迷したものの、下旬には投打がかみ合って破竹の7連勝で首位に返り咲いた。とにかく打線が好調で、チーム打率.278、チーム得点270はセ・リーグでダントツトップ。エース野村が一時離脱したものの、中崎が復帰したことで中継ぎが安定した。4月に引き続き、打ち勝つ野球がとにかく強い。

2位 阪神タイガース

GWに広島を3タテしたのをきっかけに打線が爆発。5月6日には最大9点差を逆転するなど、打線の好調を維持して首位をひた走った。中旬頃から3番糸井、4番福留が不調で打線が冷却し、チーム成績も停滞。糸井は29打席連続ノーヒットとかなり深刻な状態となったが、下旬に復調を果たして打線も復活した。相変わらず投手陣の安定感は抜群。

3位 横浜DeNAベイスターズ

相変わらずの投壊っぷりで、防御率・失点はリーグワースト。4番筒香も5月の打率.243、本塁打3本と復調の兆しが見えないが、ロペスと宮崎が好調を維持して何とか打線を保っている。下旬には巨人が6連敗したおかげもあって、ついに3位に浮上した。山崎康晃が11試合に登板して防御率0.00と好調なのがポジ要素か。

4位 読売ジャイアンツ

貧打が深刻で、打率・得点ともにリーグ最下位に転落した。5月序盤こそ坂本・マギーの好調で得点を重ねたが、中盤以降は坂本・阿部が完全に冷えてしまい、打線が全く繋がらない状態に。打率.250以上が坂本、マギー、石川しかいない惨状で、先発陣も粘れず、今季最多の6連敗。とうとうBクラスに転落してしまった。打線のテコ入れが出来ないと最下位も見えてきてしまう。

5位 東京ヤクルトスワローズ

4月に比べて坂口、山田、雄平、バレンティンといった主軸が調子を取り戻し、打線は復調気味。一時はゲーム差無しの4位まで浮上したが、その後は5連敗で最下位に転落する場面も。4月好調だった投手陣が崩れだしており、特に勝ちパターンの中継ぎで負ける試合が多くなった。川端・畠山の復帰見通しも立たず、上がり目が無いのが苦しいところ。

6位 中日ドラゴンズ

5月早々に5連敗を喫するなど暗黒まっしぐらかと思われたが、ビシエド&ゲレーロの外人コンビが調子を取り戻してアベックホームランを連発。広島に3タテを決めるなどして、一時は最下位を脱出した。ところが相変わらず先発陣の乱調が続いており、打線も調子を落とし始めたことでチーム状態はかなり悪くなっている。

パ・リーグ順位表(5月終了時点)

パリーグの2017年5月の順位表

パ・リーグ月間順位(5月)

パ・リーグ2017年5月の月間順位表

パ・リーグ貯金推移(5月)

2017年5月のパリーグの貯金数推移

1位 東北楽天ゴールデンイーグルス

打率、防御率ともにリーグトップで、とにかく「強い」の一言に尽きる。1番茂木、2番ペゲーロの活躍に加え、3番ウィーラーの復調、下位打線も軒並み高い出塁率を誇るなど隙がない。投手陣も則本&岸のWエースを軸に中継ぎも盤石。このまま優勝までひた走りそうな勢いだ。

2位 福岡ソフトバンクホークス

和田の復帰が絶望的となり、武田も戻って来ないなか、5月は打線が絶好調。特に川崎宗則がMLBから復帰してからは、松田、デスパイネらの調子がうなぎ上りで、内川、上林らとともに月間MVPクラスの活躍を見せている。首位楽天が異様な強さを見せる中、ピッタリ付いて離れず2位をキープしている。

3位 埼玉西武ライオンズ

2位ソフトバンクに負けず劣らずの強力打線で、打率の割に得点力がかなり高い。特に浅村、中村といった主軸の決定力が高く、上位打線の好調を物語っている。6連勝&5連勝で一時はソフトバンクに0.5ゲーム差まで迫ったが、菊池以外の先発ローテが崩れ気味で、5月下旬には連敗を喫して水をあけられている。

4位 オリックスバファローズ

4月の好調が嘘のように、5月は6勝19敗と散々な成績となった。4番ロメロの離脱が大きく、小谷野とT-岡田だけの打線ではなかなか繋がらなくなった。エース金子の試合以外は勝てない状態で、月間20敗も目前に迫っていたが、5月下旬にロメロが復帰してからは打線が復調し、なんとか4位を保っている。

5位 北海道日本ハムファイターズ

5月絶不調だったオリックス&ロッテとの対戦が多かったおかげか、最下位からは持ち直した。4月は得点がリーグワーストだったが、中田&レアードの打点荒稼ぎのおかげもあって得点4位まで浮上。大谷が未だ復帰していないが、このまま交流戦を乗り切れれば、まだ浮上の可能性はあるだろう。

6位 千葉ロッテマリーンズ

打率、防御率、得点、失点の全てが12球団最下位で、圧倒的な弱さを誇る。5月下旬に角中が復帰したこともあり、打線はやや復調傾向で、チーム打率もようやく2割に乗せた。交流戦で巻き返しなるかと思われたが、2戦終えて阪神に大敗&完敗を喫しており、先行きは暗そうだ。新加入のサントスも今のところイマイチで、上がり目がないのが辛い。

2017年5月の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セリーグ5月の打率、本塁打、打点のベスト10

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セリーグ5月の防御率、勝利数、セーブ数のベスト10

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パリーグ5月の打率、本塁打、打点のベスト10

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パリーグ5月の防御率、勝利数、セーブ数のベスト10

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2017年5月の月間MVP候補一覧

月間MVP候補選手の5月成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

中日・ビシエドが、リーグトップとなる打点25をマークし、打率・本塁打でも高水準の成績を残したことで2度目の受賞となった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
マギー 巨人 .389 24 90 35 2 11 1 .434 .556 .990
宮崎 敏郎 横浜 .352 24 88 31 1 14 0 .418 .523 .941
ビシエド 中日 .341 25 88 30 8 25 1 .410 .693 1.103
バレンティン ヤク .338 23 77 26 4 12 0 .457 .545 1.003
鈴木 誠也 広島 .330 24 88 29 5 21 2 .431 .625 1.056
ゲレーロ 中日 .281 25 89 25 10 17 0 .347 .629 .976

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

セ・リーグ【投手部門】

かなり微妙な争いとなったが、巨人・菅野が3度目の受賞。リーグトップの3勝をあげ、5月2日には3試合連続完封を成し遂げたことが大きかったか。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 完投 完封 投回 奪三 自責
能見 篤史 阪神 0.34 4 2 0 0 0 0 0 26.2 26 1
田口 麗斗 巨人 1.55 4 2 1 1 1 0 0 29 24 5
菅野 智之 巨人 2.68 5 3 2 1 1 0 0 37 31 11
秋山 拓巳 阪神 3.15 5 3 2 1 0 0 0 34.1 33 12
*山崎 康晃 横浜 0.00 11 1 0 0 0 3 6 10.1 10 0
*ジャクソン 広島 1.42 13 0 1 0 0 1 7 12.2 9 2

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【打者部門】

日本ハム・レアードが、本塁打、打点、長打率でリーグトップを記録し、2度目の受賞となった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
近藤 健介 ハム .397 21 63 25 1 9 0 .571 .540 1.111
上林 誠知 福岡 .355 25 93 33 6 21 3 .384 .634 1.018
松田 宣浩 福岡 .344 25 90 31 8 19 2 .417 .667 1.084
レアード ハム .333 23 81 27 10 27 0 .429 .753 1.182
ウィーラー 楽天 .333 23 87 29 10 22 2 .408 .713 1.121
デスパイネ 福岡 .312 25 93 29 10 26 1 .390 .667 1.057

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【投手部門】

楽天・則本が、リーグトップとなる4勝、46奪三振をマークし、5月26日にはプロ野球タイ記録となる6試合連続2桁奪三振を達成して2度目の受賞となった。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 完投 完封 投回 奪三 自責
菊池 雄星 西武 1.24 4 3 1 0 0 0 0 29 31 4
*千賀 滉大 福岡 1.59 4 3 0 0 0 0 0 22.2 21 4
東浜 巨 福岡 1.95 5 4 0 1 0 0 0 37 38 8
則本 昂大 楽天 2.25 4 4 0 1 1 0 0 32 46 8
岸 孝之 楽天 2.51 4 3 1 0 0 0 0 28.2 26 8
*松井 裕樹 楽天 0.00 8 0 0 0 0 7 0 8 6 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

2017年5月の記録・ニュース

巨人・菅野の3試合連続完封

巨人・菅野が、5月3日の横浜戦で3試合連続となる完封勝利を収めた。セ・リーグでは1989年の巨人・斎藤雅樹以来28年ぶり。パ・リーグでは、2011年の日本ハム・ダルビッシュ以来となる。

阪神球団史上初の9点差逆転

5月5日の阪神vs広島戦にて、阪神が球団史上初となる最大9点差の逆転勝利を収めた。詳細は関連記事を参照。

楽天・則本の6試合連続2桁奪三振

楽天・則本が5月25日のオリックス戦で先発し、8回を投げて10個の三振を奪った。これで6試合連続での2桁奪三振となり、1991年の近鉄・野茂英雄に並ぶプロ野球タイ記録となった。(※6月1日の巨人戦、6月8日のDeNA戦でも2桁奪三振を記録し、8試合連続2桁奪三振の日本新記録を達成している。)

スポンサーリンク