【プロ野球】2017年9・10月度まとめ(順位、選手成績、記録)

日本プロ野球2017年9・10月のまとめ

日本プロ野球における2017年9・10月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。(2017年8月度のまとめ記事はこちら

パ・リーグでは、9月16日に福岡ソフトバンクホークスが2年ぶり18回目の優勝を、セ・リーグでは、9月18日に広島東洋カープが2年連続8回目の優勝を成し遂げている。

2017年9・10月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(最終順位)

セ・リーグの2017年9・10月度の順位表

セ・リーグ月間順位(9・10月)

セ・リーグ2017年9・10月の月間順位表

セ・リーグ貯金推移(9・10月)

セ・リーグの2017年9・10月の貯金数推移

1位 広島東洋カープ

首位の強さそのままに、9月に入っていきなり9連勝を決めると、9月18日には2年連続となるリーグ優勝を果たした。4番・鈴木誠也が骨折で抜けた穴を、松山竜平が見事に埋めたのが大きかっただろう。9月は16勝5敗の勝率.762で、チームの盤石ぶりを見せつけた。薮田が最高勝率、丸が最多安打、田中が盗塁王と最高出塁率のタイトルを獲得している。

2位 阪神タイガース

9月頭の広島との首位攻防戦で3連敗を喫するも、その後はきっちり2位をキープ。最終戦には離脱していたメッセンジャーが登板するなど、CSに向けての準備を整えつつある。年間のチーム防御率3.29はリーグトップで、自慢の中継ぎ陣が存分に力を発揮した形だ。ドリスがセーブ王、マテオと桑原が最優秀中継ぎのタイトルを獲得している。

3位 横浜DeNAベイスターズ

最後まで巨人とCS争いを繰り広げていたが、9月後半から筒香、ロペス、宮崎のクリーンナップが復調し、何とか巨人を突き放して2年連続のAクラス入りを果たした。セ・リーグでは広島に唯一勝ち越すなど、CSでの台風の目になりえるか。宮崎が首位打者、ロペスが最多安打と打点王のタイトルを獲得している。

4位 読売ジャイアンツ

3位・DeNAと最後まで熾烈なAクラス争いをしていたが、最後の最後で力及ばず。11年ぶりのBクラスとなり、CS制度が始まって以来、初めて出場を逃すこととなった。最後まで13連敗が重くのしかかった格好だが、借金11から貯金4まで持ってきたことは評価できるだろう。菅野が最優秀防御率と最多勝、マイコラスが奪三振王のタイトルを獲得している。

5位 中日ドラゴンズ

5年連続のBクラスとなってしまったが、シーズン終盤では笠原や山井の好投が光った。またシーズン前半で不調だった大野が復調し、来季に向けての希望材料が見えたことだろう。京田がセ・リーグの新人安打記録で歴代2位につけるなど、若い力も育ってきている。タイトル圏内にいた大島は骨折離脱してしまったが、ゲレーロが本塁打王のタイトルを獲得している。

6位 東京ヤクルトスワローズ

球団ワーストとなるシーズン96敗を喫し、真中監督も辞任することとなってしまった。ケガ人も多く散々なシーズンとなったが、来季からは小川監督が就任し、チームの立て直しを図る。タイトル獲得者はいないものの、シーズン終盤で山田に復調の兆しが見えたことと、原や星といった若手投手が年間通してローテーションを守ったことは来季に繋がるだろう。

パ・リーグ順位表(最終順位)

パ・リーグの2017年9・10月度の順位表

パ・リーグ月間順位(9・10月)

パ・リーグ2017年9・10月の月間順位表

パ・リーグ貯金推移(9・10月)

パ・リーグの2017年9・10月の貯金数推移

1位 福岡ソフトバンクホークス

9月頭で9連勝するなど圧倒的な強さを見せつけ、9月16日にはパ・リーグ歴代最速での優勝を決めてみせた。柳田の離脱が痛いが、先発では和田が完全復帰し、サファテもセーブ記録を54まで伸ばすなど、投手陣の強さは盤石だろう。東浜が最多勝、千賀が最高勝率、サファテがセーブ王、岩崎が最優秀中継ぎ、デスパイネが本塁打王と打点王、柳田が最高出塁率のタイトルを獲得している。

2位 埼玉西武ライオンズ

8月に破竹の13連勝で2位に浮上したが、9月も打撃陣が好調で2位を堅守した。源田、山川、森といった若手が打線をきっちり固めており、自慢の強力打線でCSに勝負をかける。エースの菊池雄星も、9・10月は3勝0敗の防御率0点台と完璧に近い投球を見せた。菊池が最多勝と最優秀防御率、秋山が首位打者と最多安打のタイトルを獲得している。

3位 東北楽天ゴールデンイーグルス

9月はリーグ最高のチーム防御率であったが、打線が振るわずに結局3位でシーズンを終えた。とはいえ昨年の5位から考えれば大きな躍進であり、則本、岸、美馬の3本柱を頼りにCSでの下剋上を目指す。則本が奪三振王のタイトルを獲得している。

4位 オリックスバファローズ

10月は1勝もできずに6連敗を喫し、9・10月度のチーム打率と防御率はリーグ最下位に。山岡や山本といったルーキー投手にも勝ちが付かず、いまいちピリッとしないシーズン終盤となってしまった。打撃陣では、マレーロがNPB通算10万号ホームランを打ったことが大きな話題となった。タイトル獲得者はなし。

5位 北海道日本ハムファイターズ

シーズン最終盤で大谷が4番・投手で復帰し、来季のメジャー挑戦に向けて最後の雄姿をファンに見せた。また打線では松本剛や横尾といった若い力も台頭しており、近藤もケガから復帰するなど、来季に向けての明るい材料も見え隠れした。西川が盗塁王のタイトルを獲得している。

6位 千葉ロッテマリーンズ

昨年のAクラスから一転、今年は5月頭からシーズン終了まで最下位に沈んでしまい、伊藤監督の退任も決まるなど散々な年であった。ただシーズン終盤には佐々木千隼が復帰し、二木や酒居といった若手投手の好投も見られたので、来年からの井口政権での立て直しには期待がかかるところだ。タイトル獲得者はなし。

2017年の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セ・リーグ9・10月の打撃3部門10傑

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セ・リーグ9・10月の投手3部門10傑

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パ・リーグ9・10月の打撃3部門10傑

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パ・リーグ9・10月の投手3部門10傑

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2017年9・10月の月間MVP候補一覧

9・10月の月間MVP候補選手の成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

広島・松山が、打率4割超え、本塁打(5)、打点(23)、長打率(.760)でリーグトップの成績を残し、初受賞となった。4番・鈴木誠也の抜けた穴を埋め、優勝へのラストスパートに大きく貢献したことも高評価。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
上本博紀 阪神 .426 24 68 29 3 7 2 .519 .602 1.121
松山竜平 広島 .408 20 71 29 5 23 0 .456 .760 1.216
宮崎敏郎 横浜 .341 24 88 30 4 10 0 .392 .545 .937
糸井嘉男 阪神 .317 25 104 33 5 12 7 .383 .519 .902
マギー 巨人 .316 25 98 31 4 13 0 .396 .520 .916
山田哲人 ヤク .301 23 83 25 4 15 1 .408 .494 .902

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

セ・リーグ【投手部門】

巨人・菅野が、4勝0敗、防御率0.47の成績で、自身5度目の受賞となった。菅野は5月、7月、9月と同年で3回受賞しており、これはセ・リーグでは1992年の山本昌以来の快挙となる。(パ・リーグでは2013年の田中将大が同年に5回受賞)

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 投回 奪三 完投 完封 自責
菅野智之 巨人 0.47 5 4 0 0 0 38 26 2 1 2
マイコラス 巨人 1.83 5 2 2 0 0 34.1 37 0 0 7
藪田和樹 広島 1.88 4 3 0 0 0 28.2 19 1 1 6
ウィーランド 横浜 2.53 5 4 0 0 0 32 28 1 1 9
*九里亜蓮 広島 0.87 7 3 0 0 2 10.1 6 0 0 1
*池田駿 巨人 0.00 11 0 0 0 3 10.2 10 0 0 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【打者部門】

西武・山川が、本塁打(10)、得点(19)、塁打(68)、長打率(.739)でリーグトップの成績を残し、前月(8月度)に続いて2カ月連続2度目の受賞となった。パ・リーグ打者部門での2か月連続受賞は史上4人目、西武では初となる。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
荻野貴司 千葉 .343 27 102 35 1 8 15 .382 .480 .862
山川穂高 西武 .326 25 92 30 10 19 0 .415 .739 1.154
松田宣浩 福岡 .310 24 87 27 3 11 0 .365 .494 .859
吉田正尚 オリ .308 25 91 28 3 15 1 .417 .440 .857
デスパイネ 福岡 .300 23 80 24 6 21 0 .391 .538 .929
横尾俊建 ハム .253 26 83 21 6 19 0 .323 .506 .829

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【投手部門】

西武・菊池が、3勝0敗、防御率0.29の成績で、初受賞となった。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 投回 奪三 完投 完封 自責
菊池雄星 西武 0.29 4 3 0 0 0 31 37 1 1 1
則本昂大 楽天 1.41 6 4 2 0 0 44.2 48 3 0 7
酒居知史 千葉 2.75 5 3 1 0 0 36 22 1 0 11
金子千尋 オリ 2.80 5 2 1 0 0 35.1 35 1 0 11
*マーティン ハム 0.00 8 0 0 0 8 7.2 2 0 0 0
*公文克彦 ハム 0.00 12 1 0 0 3 11.2 8 0 0 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

2017年9・10月の記録・ニュース

福岡・サファテがセーブ数の日本記録更新

ソフトバンクのサファテが、9月2日(土)の楽天戦で日本記録に並ぶ46Sを達成すると、9月5日(火)のオリックス戦で47Sを記録し、シーズンセーブ数の日本新記録を樹立した。最終的にサファテはセーブ記録を54Sまで伸ばしている。

阪神・鳥谷が2000本安打達成

9月8日(金)の横浜DeNA戦にて、阪神・鳥谷敬がプロ通算2000本安打を達成した。これで2000本安打達成者は50名となった。(※日米通算も含めると55名)

オリックス・マレーロが10万号ホームラン

9月29日のロッテ戦にて、オリックス・マレーロがプロ野球通算10万号となるメモリアルアーチを放った。マレーロは今年の6月9日にホーム踏み忘れで来日1号ホームランを取り消されており、この帳尻合わせも話題となった。

巨人・マギーが2塁打のセ・リーグ記録を更新

10月3日の最終戦にて、巨人・マギーが48本目の二塁打を放ち、シーズン二塁打のセ・リーグ記録を更新した。なお日本記録は2001年にオリックス・谷が放った52本となっている。

スポンサーリンク