【プロ野球】2017年8月度まとめ(順位、選手成績、記録)

日本プロ野球2017年8月のまとめ

日本プロ野球における2017年8月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。(2017年7月度のまとめ記事はこちら

セ・リーグでは独走していた広島が8月8日にマジック33を点灯させたものの、後半失速して8月31日時点ではマジックが消滅している。逆にパ・リーグは最後までマジック点灯しないものと思われたが、8月終盤に楽天が大失速したため、9月1日にはソフトバンクにマジック点灯の可能性が出てきている。

2017年8月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(8月終了時点)

セ・リーグの2017年8月度の順位表

セ・リーグ月間順位(8月)

セ・リーグ2017年8月の月間順位表

セ・リーグ貯金推移(8月)

セ・リーグの2017年8月の貯金数推移

1位 広島東洋カープ

8月8日に球団最速となるマジック33が点灯。去年同様に優勝へ突き進むかと思われたが、投手陣が月間防御率3.99とピリッとせず、打線も今季最低の月間打率.250で、2015年4月以来の月間負け越しとなってしまった。8月23日には4番・鈴木誠也が骨折で離脱するなど苦しい状況だが、2位とはまだ5.5ゲーム差あるので連覇に向けて気の引き締めどころだろう。

2位 阪神タイガース

8月は17勝9敗1分の勝率.654で月間1位に輝いている。打線や投手陣が絶好調というわけではないが、1点差ゲームで8勝2敗1分と接戦に異様な強さを見せている。8月10日にメッセンジャーが骨折で離脱したのが痛いが、2番手の秋山や中継ぎ陣がよく踏ん張っている。9月は上位チームとの対戦が増える中で奇跡の逆転Vとなるかに注目。

3位 横浜DeNAベイスターズ

8月22日~24日の広島戦で57年ぶりとなる3試合連続のサヨナラ勝ちを収め、勢いに乗るかと思われたが、下位チーム相手に負け越すなど勢いにムラがある。先発投手が序盤で失点する場面が多いが、それを打線の力で取り返しいる形だ。2年連続のCS出場を目指すうえで、4番・筒香が月間成績.315、7本、23打点と復調しているのは大きいだろう。

4位 読売ジャイアンツ

8月は打率、防御率、得点、失点どれもリーグ1位だったが、大差で勝って接戦で負ける試合が多く、それほど勝ちが伸びなかった(15勝10敗)。打線は陽、マギー、阿部が月間MVP級の成績を残すなど好調で、投手陣もドラ2ルーキーの畠が出てきたのが大きい。3番・坂本が月間打率.221と絶不調だが、Aクラスを目指すうえでは坂本の復調が欠かせないだろう。

5位 中日ドラゴンズ

8月は先発が炎上することも多く、打線も月間得点最下位と取り返す力がないので、そのまま負けてしまう展開が見られた。打線では福田が月間成績.283、9本、20打点と気を吐いているが、ビシエド、大島が死球骨折で相次いで離脱するなどかなり苦しい状況。4位と8ゲーム差、6位と11.5ゲーム差での5位孤立も止む無しか。京田の新人王には期待がかかる。

6位 東京ヤクルトスワローズ

総失点ではリーグ最下位を脱出したものの、打率、防御率、得点は未だにリーグ最下位。8月も7勝19敗と大きく負け越しており、好転の兆しが全く見えないのが辛いところだ。バレンティンがホームラン29本で2位につけているのと、山田が不調ながらもホームラン20本に到達したのが良いニュースか。順位争いは絶望的と言えるが、個人成績には期待したい。

パ・リーグ順位表(8月終了時点)

パリーグの2017年8月の順位表

パ・リーグ月間順位(8月)

パ・リーグ2017年8月の月間順位表

パ・リーグ貯金推移(8月)

パ・リーグの2017年8月の貯金数推移

1位 福岡ソフトバンクホークス

楽天と手に汗握る首位争いをしていたが、8月終盤に直接対決3連勝を含む8連勝を決めて一気に突き放した。打線は月間打率.233とかなり調子が悪かったが、先制した試合を中継ぎがしっかり守り切り、終わってみれば今月17勝8敗と圧倒的な強さを見せつけた。守護神サファテが月間11セーブをあげ、パ・リーグ記録となる44セーブを達成。日本記録の46セーブも目前だ。

2位 埼玉西武ライオンズ

7月21日~8月4日まで破竹の13連勝を決め、一時は首位に5.5ゲーム差と迫る快進撃を見せた。その後は少し落ち着いたが、楽天に8月だけで8勝0敗1分と大きく勝ち越し、8月終了時点でついに2位に浮上した。4年目の山川穂高が8月.326、9本、28打点と打線のカンフル剤として働き、防御率はリーグ最下位ながらも12球団トップの得点力で打ち勝っている。

3位 東北楽天ゴールデンイーグルス

8月14日までは首位を保っていたが、8月後半で1勝13敗1分とまさかの大失速。首位攻防戦でも3連敗するなど一気に10.5ゲーム差をつけられ、西武にも捲られてまさかの3位に転落してしまった。これまで安定して勝ちを重ねてきた3本柱(則本、岸、美馬)が12試合に投げて2勝7敗と苦しい内容。茂木、ペゲーロといったケガ人が戻ってきたが、12球団最下位の月間打率.228で打線の調子もどん底だ。

4位 オリックスバファローズ

3位に13ゲーム差、5位に9ゲーム差と完全孤立してしまったオリックス。もはや順位争いとは無縁だが、T-岡田、吉田正尚、中島宏之と打線が好調で、新人王候補の山岡にも勝ちが付き始めた。また高卒新人の山本由伸が初勝利を収めるなど、来期に向けての好材料が揃い始めている。こうして考えると、やはり5月の大失速が痛かったか。

5位 北海道日本ハムファイターズ

8月は打率、防御率ともにリーグトップで、5月以来の月間勝ち越しを決めている。一時は最下位も見えていたが、何とか5.5ゲーム差に突き放した。8月は雨天中止が3試合あった影響で試合数が少なく、ほどよく休養がとれたのが良かったか。打者大谷が月間MVP級の活躍を見せているが、それでも得点力はいまひとつで、ロースコアの1点差負けが5試合もあるのが痛い。

6位 千葉ロッテマリーンズ

8月は月間打率.261とかなり上向いたが、打つ時と打たない時の差がはっきりしている印象。途中加入のペーニャや復帰組の角中の調子が上向いてきたのは大きいだろう。一時は5位に1ゲーム差まで詰め寄ったが、直接対決で連敗して突き放されてしまった。今年限りで勇退する伊藤監督や井口選手のためにも、何とか9月は一矢報いたいところだ。

2017年8月の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セ・リーグ8月の打撃3部門10傑

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セ・リーグ8月の投手3部門10傑

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パ・リーグ8月の打撃3部門10傑

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パ・リーグ8月の投手3部門10傑

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2017年8月の月間MVP候補一覧

8月の月間MVP候補選手の成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

横浜・筒香が、月間トップとなる23打点をマークしたほか、打率・本塁打でもリーグ上位の好成績を残し、3度目の受賞となった。得点圏打率がリーグトップの.550だったことも大きい。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
坂口 智隆 ヤク .347 26 98 34 0 3 0 .434 .388 .821
阿部 慎之助 巨人 .344 25 93 32 3 22 0 .390 .462 .853
マギー 巨人 .337 25 98 33 3 18 0 .396 .500 .896
筒香 嘉智 横浜 .315 25 92 29 7 23 0 .417 .630 1.047
福留 孝介 阪神 .291 21 79 23 6 22 0 .380 .633 1.013
福田 永将 中日 .283 24 92 26 9 20 0 .340 .609 .949

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

セ・リーグ【投手部門】

巨人・マイコラスが、勝利数・防御率・投球回・奪三振の全てで月間トップをマークし、文句なしで自身2度目の受賞となった。8月は5試合に登板し、全ての試合で7回2失点以上の成績を残すなど抜群の安定感を見せた。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 投回 奪三 完投 完封 自責
マイコラス 巨人 1.46 5 4 1 0 0 37 44 0 0 6
畠世周 巨人 2.08 4 3 0 0 0 26 31 0 0 6
薮田和樹 広島 2.86 4 3 1 0 0 28.1 24 1 1 9
今永昇太 横浜 3.00 5 3 1 0 0 30 35 0 0 10
*又吉直樹 中日 0.00 13 2 0 0 8 16.1 11 0 0 0
*ドリス 阪神 1.80 14 2 0 8 1 15 20 0 0 3

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【打者部門】

西武・山川が、本塁打・打点・出塁率・長打率で月間トップをマークして初受賞となった。マルチ安打11試合、マルチ打点10試合と打線の中軸として活躍し、チームの2位浮上に大きく貢献した。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
大谷翔平 ハム .389 20 72 28 2 16 0 .451 .583 1.035
角中勝也 千葉 .372 25 86 32 4 22 2 .440 .640 1.080
秋山翔吾 西武 .350 27 103 36 3 19 2 .416 .553 .969
中島宏之 オリ .342 22 73 25 4 17 0 .375 .562 .937
吉田正尚 オリ .337 24 89 30 6 15 0 .406 .596 1.001
山川穂高 西武 .326 27 92 30 9 28 0 .451 .696 1.147

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【投手部門】

ソフトバンク・サファテが、13試合に登板してリーグ最多の11セーブをあげ、2度目の受賞となった。8月は10試合連続セーブを記録したほか、パ・リーグの最多セーブ記録44も更新。奪三振率は驚異の14.6を記録するなど、守護神として圧倒的な存在感を見せた。

選手名 球団 防率 試合 勝利 敗戦 投回 奪三 完投 完封 自責
千賀滉大 福岡 1.29 4 2 1 0 0 28 34 0 0 4
バンデンハーク 福岡 2.18 5 4 1 0 0 33 42 0 0 8
則本滉大 楽天 2.53 4 1 3 0 0 32 29 2 1 9
二木康太 千葉 2.53 4 1 2 0 0 32 27 3 0 9
菊池雄星 西武 3.41 5 3 2 0 0 37 45 3 1 14
*サファテ 福岡 1.46 13 1 1 11 0 12.1 20 0 0 2

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

2017年8月の記録・ニュース

西武が今季最多の13連勝

西武が7月21日の日本ハム戦からスタートして、8月4日のソフトバンク戦までの間に今季最多の13連勝を達成した。丁度、炎獅子ユニフォームを着用してから連勝が始まったことから、赤いユニフォームの球団が強くなるのでは?とも噂された。西武は過去に11連勝以上したシーズンでは必ず優勝しているだけに、逆転Vへの期待が高まったが8月終了時点では黄色信号が灯っている。

巨人が6試合連続3本塁打以上の日本記録達成

巨人が7月30日~8月5日までの6試合で毎試合3本塁打以上を放つという日本新記録を達成した。内訳は以下の通り。これだけ打ったにも関わらず、4勝2敗と微妙な結果に終わっている。

  • 07/30 横浜 マギー11号、石川4号、陽4号
  • 08/01 ヤク マイコラス1号 亀井3号 亀井4号
  • 08/02 ヤク 阿部12号、村田7号、村田8号
  • 08/03 ヤク 陽5号、坂本12号、陽6号
  • 08/04 中日 陽7号、長野10号、マギー12号、橋本1号
  • 08/05 中日 長野11号、阿部13号、陽8号

巨人・阿部が2000本安打達成

8月13日の広島戦にて、巨人・阿部慎之助がプロ通算2000本安打を達成した。これで日米通算も含めた2000本安打達成者は54名となった。

スポンサーリンク