【プロ野球】2018年5月度まとめ(順位・選手成績・記録)

日本プロ野球2018年5月のまとめ

日本プロ野球における2018年5月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。(2018年4月度のまとめ記事はこちら

セ・リーグは広島が独走態勢に入りつつあるが、パ・リーグは4月独走していた西武に日本ハムとソフトバンクが迫ってきている。5月29日から始まった交流戦で順位の入れ替えも起きそうだ。

2018年5月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(5月終了時点)

セ・リーグの2018年5月度の順位表

セ・リーグ月間順位(5月)

セ・リーグの2018年5月の月間順位

セ・リーグ貯金推移(5月)

セ・リーグの2018年5月の貯金数推移

1位 広島東洋カープ

月間1位(11勝9敗)の成績で4月から首位をキープ。鈴木、松山、會澤、野間らがOPS.900以上をマークしており、丸が離脱した影響はあるものの、安定した得点力を維持している。5月は先発防御率3.73(3位)、救援防御率5.12(6位)と投手陣は少し苦しくなっているが、雨天中止が4試合あったことなど日程も味方している。

2位 横浜DeNAベイスターズ

4月は得点力不足に泣いたが、二軍から昇格した梶谷とソトが起爆剤となり打線が活性化。OPS.900超のふたりを1番、2番に据えた打線が機能し、得点力不足は解消されつつある。ただ3番・筒香の絶不調期がしばらく続いたこともあり、5月の救援防御率2.79がリーグダントツだったにも関わらず、月間では10勝10敗の勝率5割となっている。

3位 阪神タイガース

5月は先発防御率2.83と12球団唯一の2点台をマーク。救援防御率3.67も横浜に次いでリーグ2位と、圧倒的な投手力を誇っている。反対に打線はかなり低迷しており、6番以降に1割打者が4人並ぶことがあるなど、打撃指標は軒並みリーグ最下位。それでもメッセ、秋山、岩貞といった先発陣の働きもあり、5月は12勝12敗で3位につけている。

4位 読売ジャイアンツ

4月はチーム打率.291と好調だった打線も、5月はかなり冷え込み、月間の打撃指標は軒並みリーグ5位に。特にゲレーロ、マギーの外人コンビと、キャッチャー小林の落ち込みが激しく、打線の繋がらない試合が多くなった。投手陣の防御率もリーグ5位でピリッとせず、5月は9勝14敗で最下位。岡本、吉川尚が未だにスタメンで活躍を見せているのが救いか。

5位 中日ドラゴンズ

1・2番の打順を入れ替えてから、京田、大島ともに打撃が復調。また中軸を打つアルモンテ、平田がOPS1.000超えの月間MVP級の活躍を見せるなど、とにかく打線が好調。5月のチーム打率.291は12球団トップで、4月とは打って変わって打のチームへと変貌した。リーグ最下位だった防御率にも改善が見られ、5月は13勝11敗でゲーム差無しの首位となっている。

6位 東京ヤクルトスワローズ

打線は山田、バレンティン、坂口が相変わらず好調で、安定した強さを見せている。課題の投手陣だが、石山をクローザーに据えてからは勝ちパターンが安定してきており、勝ちゲームを落とさなくなった。ただし先発防御率4.56は相変わらず12球団最下位であり、上位に行くためにも小川を始めとした先発陣の奮起が待たれる。

パ・リーグ順位表(5月終了時点)

パ・リーグの2018年5月度の順位表

パ・リーグ月間順位(5月)

パ・リーグの2018年5月の月間順位

パ・リーグ貯金推移(5月)

パ・リーグの2018年5月の貯金数推移

1位 埼玉西武ライオンズ

4月は1番~8番まで3割打者が並ぶ強力打線で独走していたものの、5月は5度の完封負けを喫するなど打線が沈静化しており、苦しい中継ぎ事情も相まって10勝14敗の最下位となっている。1番・秋山は依然として好調だが、他の打者が軒並み成績を下げているため、何とか交流戦での打線復活を図りたいところ。

2位 北海道日本ハムファイターズ

4月終わりに5.5ゲーム差だった1位とのゲーム差も、5月終わってみれば1ゲーム差と猛追している。全体的に投手陣と守備が優秀で、特に5月の救援防御率1.56という数字は目を見張るものがある。5月の打率.227は最下位だが、大田、中田、レアードを中心にホームランが多く、効率的に得点してそれを守り抜く野球を見せている。

3位 福岡ソフトバンクホークス

5月は柳田が打率.387、7本、23打点、OPS1.119と大暴れで、前後を打つ中村晃、デスパイネの好調も相まってリーグ屈指の打線となっている。故障者の多い中継ぎに不安が残るものの、先発は千賀、石川を中心に好投を続けており、12球団屈指の守備力もあって5月のチーム防御率は日本ハムと並んでリーグトップタイとなっている。

4位 オリックスバファローズ

4月は10勝15敗と大きく負け越したものの、5月は15勝10敗で首位タイ。打線は吉田正尚を除いて決して好調とは言えないが、黒木、山本、吉田、増井といったリリーフ陣が好投を続けており、特に守護神・増井は12試合に登板して防御率0.00をマークするなど接戦で強さを発揮している。ロメロ、T-岡田ら主軸が復調すればAクラス入りも近いか。

5位 千葉ロッテマリーンズ

5月は10勝14敗で5位に転落。4月に比べると打線が低調で、それに伴って盗塁数も先月の半分以下(34→15)に減ってしまった。もともと本塁打は少ないため得点もしづらくなっている。投手陣は課題だった救援防御率が大きく改善(4月4.00→5月2.81)したものの、逆に先発防御率が4.33と悪化しており、リーグ唯一の4点台。なかなか投打が噛み合わない状況だ。

6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

5月に入ってペゲーロ、ウィーラーが復調してきたものの、茂木、銀次、岡島といった日本人野手が打てず、相変わらずの得点力不足に泣いている。また中継ぎも昨年の守護神・松井が燃えるなど不安定。4月よりマシにはなったものの、先発は良くて他がダメという状況に変わりはない。内田、田中といった若手野手が好調なのが救いか。

2018年5月の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セ・リーグ2018年5月度の打撃タイトル争い

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セ・リーグ2018年5月度の投手タイトル争い

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パ・リーグ2018年5月度の打撃タイトル争い

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パ・リーグ2018年5月度の投手タイトル争い

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2018年5月の月間MVP候補一覧

5月の月間MVP候補選手の成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

中日・アルモンテが、打率、安打数でリーグトップをマークし、初受賞となった。全体的に優れた打撃成績を残しており、チームの月間2位に貢献したことも評価された。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
野間峻祥 広島 .380 21 71 27 2 11 4 .436 .521 .957
アルモンテ 中日 .371 25 97 36 5 21 0 .434 .670 1.104
ロペス 横浜 .352 21 88 31 8 23 0 .363 .693 1.056
筒香嘉智 横浜 .341 22 85 29 7 14 0 .412 .682 1.095
*平田良介 中日 .431 22 65 28 2 9 3 .513 .585 1.098

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

セ・リーグ【投手部門】

広島・大瀬良大地が、リーグトップの4勝をマークし、初受賞となった。防御率も申し分なく、首位を走るチームの原動力となったことも評価された。

選手名 球団 防率 試合 投回 奪三 完投 完封 自責
菅野智之 巨人 1.16 4 2 1 0 0 31 38 2 1 4
秋山拓巳 阪神 1.42 5 3 2 0 0 38 32 2 1 6
ガルシア 中日 2.00 5 3 1 0 0 27 22 1 1 5
大瀬良大地 広島 2.03 5 4 0 0 0 31 28 2 0 7
*エスコバー 横浜 0.00 13 1 0 0 4 12.2 11 0 0 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【打者部門】

ソフトバンク・柳田悠岐が、圧倒的な打撃成績を残して、自身5度目の受賞となった。26試合中、出塁できなかったのは1試合のみで、14試合で打点を挙げるなど大活躍であった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
柳田悠岐 福岡 .387 26 106 41 7 23 5 .421 .698 1.119
今江年晶 千葉 .378 22 74 28 1 12 0 .397 .486 .884
秋山翔吾 西武 .356 24 104 37 6 20 1 .422 .615 1.038
吉田正尚 オリ .318 25 88 28 4 16 1 .400 .545 .945
ペゲーロ 楽天 .298 22 84 25 8 16 1 .372 .397 1.003

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【投手部門】

楽天・岸孝之が、5試合に投げて3勝0敗の負けなしで、自身3度目の受賞となった。4勝0敗の投手もいたが、防御率、投球回、奪三振で岸がリーグトップの成績だったことが評価された。

選手名 球団 防率 試合 投回 奪三 完投 完封 自責
岸孝之 楽天 1.35 5 3 0 0 0 40 37 2 1 6
ボルシンガー 千葉 2.16 4 4 0 0 0 25 20 0 0 6
アルバース オリ 2.78 5 4 0 0 0 32.1 23 0 0 10
石川柊太 福岡 3.52 5 4 1 0 0 30.2 16 0 0 12
*増井俊哉 オリ 0.00 12 0 0 8 1 12 13 0 0 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

2018年5月の記録・ニュース

SB・内川が2000本安打達成

5月9日の西武戦で、ソフトバンク・内川が2000本安打を達成した。これで2000本安打達成者は51名(日米通算も含めると56名)となった。

スポンサーリンク