【MLB】メジャーリーグのプレーオフやワイルドカードの仕組みとは?

【MLB】メジャーリーグのプレーオフやワイルドカードの仕組みとは?

野球においてレギュラーシーズン終了後に始まるのが「ポストシーズン」だ。

日本ではポストシーズンに、クライマックスシリーズ(CS)や日本シリーズといった名称でプレーオフ(順位決定戦)が行われるが、メジャーリーグ(以下、MLB)でも同様にプレーオフが行われている。

ここではそんなMLBのプレーオフの仕組みについて解説していきたい。

MLBのリーグ編成

MLBのプレーオフの仕組みを理解するにあたって、まずはリーグ編成を知る必要があるだろう。

MLBは全30球団からなり、アメリカンリーグとナショナルリーグの2リーグに、それぞれ15球団ずつが分かれて所属している。

メジャーリーグ(MLB)のリーグ編成

出典:チーム – MLB.jp

各リーグはさらに東地区・中地区・西地区の3地区に分かれており、各地区5球団ずつに分かれてレギュラーシーズンで地区優勝を争っている。

プレーオフではこの地区優勝チーム同士でリーグチャンピオンおよびワールドチャンピオンを争うことになる。

MLBのプレーオフ概要

MLBのリーグ編成がわかったところで、プレーオフの仕組みについて見ていきたい。

プレーオフの全体概要をまとめたものが以下の図になる。

メジャーリーグのプレーオフのトーナメン表

プレーオフに出場できるのは各リーグ5チームずつの計10チームで、各マッチアップには固有の名称が付いている。

プレーオフ出場条件(リーグ毎)

  1. 地区優勝の3チーム
  2. 地区優勝の3チームを除いた12チーム中、年間勝率の高い上位2チーム(ワイルドカード)

ワイルドカードゲーム(WCG)

ワイルドカードで進出した2チームにより1試合のみ行い、勝者がディビジョンシリーズ(DS)に進出する。試合は、レギュラーシーズンの勝率が高かったチーム(第1ワイルドカード)の本拠地で行う。

ディビジョンシリーズ(DS)

以下の組み合わせで試合を行い、勝者がリーグチャンピオンシップシリーズ(LCS)に進出する。地区シリーズともいわれる。

  • 「地区優勝勝率1位チーム」vs「ワイルドカードゲームの勝者」
  • 「地区優勝勝率2位チーム」vs「地区優勝勝率3位チーム」

5戦3勝先取(2試合→2試合→1試合)で、ホームアドバンテージ(本拠地での試合数が多くなる)は地区優勝勝率1位チームと地区優勝勝率2位チームに与えられる。

リーグチャンピオンシップシリーズ(LCS)

地区シリーズを勝ち上がった2チームで試合を行い、勝者がワールドシリーズ(WS)に進出する。リーグ優勝決定シリーズともいわれる。

7戦4勝先取(2試合→3試合→2試合)で、ホームアドバンテージはレギュラーシーズンの勝率が高かったチームに与えられる。(※ワイルドカードで勝ち上がったチームには与えられない)

ワールドシリーズ(WS)

両リーグのチャンピオン同士で試合を行い、勝者がMLB全30球団の頂点となる。

7戦4勝先取(2試合→3試合→2試合)で、ホームアドバンテージはレギュラーシーズンの勝率が高かったチームに与えられる(2017年から)。

ポストシーズンの重要性

こうしたメジャーリーグのポストシーズン(プレーオフ)は約1ヵ月にも及び、最後のワールドシリーズに勝利したチームのみが、チャンピオンリングという最高の栄誉を手にすることができる。

選手やファンにとって、レギュラーシーズンの活躍はもちろん重要なことだが、このポストシーズンでの活躍がより重要な意味を持ってくる。

過去に多くの日本人選手がワールドシリーズに出場しているが、中でも2009年のヤンキース・松井秀喜が、打率.615(13-8)、3本8打点、OPS2.027の活躍でワールドシリーズMVPに輝いたことは印象深い。松井が未だにヤンキースファンから支持されるのも、ワールドシリーズでの活躍があればこそだろう。

おわりに

ここまでメジャーリーグのポストシーズン(プレーオフ)について説明してきたが、日本と比べてその規模の大きさには驚かされるばかりだ。

これだけの規模でやるからこそ、ポストシーズンが重要な意味を持つし、ファンの盛り上がりも一味違うのだろう。

MLBにあまり興味が無かった人でも、これをきっかけとして是非見てみることをオススメしたい。