【逆転の広島】先制されても勝率5割超え!カープに逆転勝ちが多い理由とは?

逆転の広島

2017年も前半戦が終了し、今日から2日間はオールスターゲームが開催される。

すでに2位と8ゲーム差を付けて独走態勢に入った広島東洋カープだが、その強さを象徴するかのように「逆転の広島」という言葉が頻繁に叫ばれている。

12球団トップのチーム打率.278を誇る打線は強力で、前半戦だけで実に29回もの逆転勝ちを成し遂げており、これが逆転の広島と呼ばれる所以であろう。(2番目に多いのが阪神、DeNA、ソフトバンクの19回)。

打線の力は言わずもがなだが、それにしてもこれだけ逆転勝ちが多いというのも不思議ではある。ここでは前半戦での各種データから「逆転の広島」の理由を探っていきたい。

先制された試合での異常な勝率

逆転の広島を象徴するデータとして、「先制された試合での勝率」が挙げられる。以下はセ・リーグ6球団を「先制された試合数が多い順」に並べたものだが、広島が突出した勝率を誇っていることがわかる。

球団 先制された試合 勝率 順位
広島 48試合(25勝21敗2分) .543 1位
ヤクルト 48試合(10勝37敗1分) .213 6位
巨人 46試合(10勝36敗0分) .217 4位
DeNA 37試合(08勝28敗1分) .222 3位
阪神 36試合(12勝24敗0分) .333 2位
中日 31試合(08勝22敗1分) .267 5位

出典:プロ野球ヌルデータ置き場 – 順位表

他5球団を見てもらえばわかるように、先制された試合の勝率というのは通常かなり低くなるものであり、勝率5割を超えるというのは異常事態と言えるだろう。これはパ・リーグにおいても同様で、先制された試合が多いほどリーグ順位(右端)も悪くなる傾向がある。

球団 先制された試合 勝率 順位
ロッテ 51試合(09勝41敗1分) .180 6位
オリックス 44試合(15勝29敗0分) .341 4位
日本ハム 43試合(10勝33敗0分) .233 5位
西武 40試合(15勝25敗0分) .375 3位
福岡 33試合(10勝23敗0分) .303 2位
楽天 29試合(12勝16敗1分) .429 1位

出典:プロ野球ヌルデータ置き場 – 順位表

そもそも「先制される」ということは、先発投手の調子が良くないか、相手打線の調子が良い可能性が高く、その後も苦しい展開になりやすい。また、負けている状況では先発投手に代打を出さなければいけないケースも多く、そこで勝ち越せ無かった場合には”勝ちパターン”と呼ばれる優秀な中継ぎではなく、どうしても4番手、5番手の投手を投入せざるを得ない。

こうして考えていくと、先制された試合で勝率が低くなるのは「当たり前」なのである。

その「当たり前」を大きく覆しているのが今の広島であり、先制された試合数がリーグ最多であるにもかかわらず、首位を独走しているというのだから恐ろしい話だ。これだけ逆転勝ちが見られるとなると、ファンとしても楽しくて仕方がないだろう。

逆転の秘訣は「中盤以降の打線」と「投手陣の粘り」

広島の逆転勝ちの多さにはもちろん理由がある。簡単に言ってしまえば「打線が強い」ということなのだが、ここでは前半戦の得点・失点をイニング別にまとめたグラフを見てみたいと思う。

グラフを見ると、5回以降で得点がグンと増えているのがわかる。これは打順が2巡目、3巡目となる中盤から終盤にかけて、相手先発をきっちり攻略できていることの表れだろう。また終盤に出てくる中継ぎのうち、誰か一人でも調子が悪ければ、それに乗じて集中打を浴びせる爆発力も備えていると言える。

逆に失点は初回が最も多く、2回で一端落ち着いて、5回以降は減少しているのがわかる。序盤で失点するケースが多いものの、その後は先発や交代した中継ぎがしっかり粘れており、打線の反撃を待てるといったところだろうか。

このように「逆転の広島」を支えているのは、序盤打てなくても中盤以降にきっちり相手投手を攻略する打線の力と、先制点はあげてしまうものの、その後きっちり粘れる投手陣のおかげと言えるだろう。

ちなみに広島と対照的なグラフを描いているのが現在5位の中日ドラゴンズだ。先制された試合は31試合とリーグ最少だが、逆転負けが26回で12球団最多となっている。(2番目に多いのがヤクルト、日本ハム、ロッテの21回)

グラフを見れば一目瞭然だが、得点は初回が最も多く、回を追うごとに少なくなるのに対し、失点は初回が最も少なく、5回・6回で一気に増えており、まさに「被逆転の中日」を表す結果になってしまっている。

「逆転の広島」に見る課題

現状、広島の強さに疑問を挟む余地はないが、それでもやはり「先制された試合が多い」というのは課題として捉えた方が良いだろう。

今は打線の力と投手陣の粘りのおかげで何とかなっているものの、普通に考えれば先制された試合の勝率が低くなるのは間違いないので、何とか先制点を許さないように先発陣が踏ん張る必要がある。

実際、ジョンソン、中崎不在の5月には投手陣が粘れずに苦しむ時期もあったし、昨年の日本シリーズでは先制された2試合でどちらも負けている。

逆転劇を演出するためにわざと先制されているなら別だが、日本一を目指すのであれば「逆転の広島」に浮かれることなく、順当に抑えて勝つパターンを増やしていく必要があるだろう。そうなれば最早無敵だ。

スポンサーリンク