【巨人】史上初のFA選手3人獲りで果たして「優勝は当たり前」と言えるのか?

2016年FAで巨人入団した3選手(山口、森福、陽)

巨人が史上初の「FA選手3人獲り」をしたことが大きなニュースになっている。
(※FA:フリーエージェントの略。いずれの球団とも契約できる選手のこと。)

獲得した選手は、山口俊(DeNA)、森福允彦(ソフトバンク)、陽岱鋼(日本ハム)の3選手。近年、FA選手の複数獲得はよく見られるが、3人同時獲得は史上初ということもあり注目度は非常に高い。

今回のFAを受けて、「金に物を言わせた過度な補強」だとか「来年は優勝しないと恥」だとか言われているが、いまいちピンと来ていない人もいるだろう。金に物を言わせているのは間違いないが、正直そんな大層な補強を行ったようには感じない。もちろん3選手とも居るに越したことはないが、「獲ったから優勝できる」という程の選手かというと疑問が残る。

今回の「FA選手3人獲り」は凄いことか?

FA制度が導入された1993年以来、同一球団によるFA選手の複数獲得は全部で12回行われている(巨人8回、福岡2回、横浜1回、ヤクルト1回)。このうち巨人の8回という数字は他の追随を許さず、これが強奪球団と言われてしまう一因だろう。

FA選手を複数獲得した球団一覧

年度 球団 FA選手
1994年 巨人 川口和久(広島)
広沢克己(ヤク)
1999年 巨人 工藤公康(福岡)
江藤智(広島)
2005年 巨人 野口茂樹(中日)
豊田清(西武)
2006年 巨人 小笠原道大(ハム)
門倉健(横浜)
2010年 福岡 細川亨(西武)
内川聖一(横浜)
2011年 巨人 村田修一(横浜)
杉内俊哉(福岡)
横浜 鶴岡一成(巨人)
小池正晃(中日)
2013年 巨人 大竹寛(広島)
片岡治大(西武)
福岡 中田賢一(中日)
鶴岡慎也(ハム)
2014年 ヤク 大引啓次(ハム)
成瀬義久(千葉)
巨人 相川亮二(ヤク)
金城龍彦(横浜)
2016年 巨人 山口俊(横浜)
森福允彦(福岡)
陽岱鋼(ハム)

出典:Wikipedia-フリーエージェント

これだけFA選手の複数獲得をしてきた巨人が、今まで3人同時獲得をしたことがなかったのにはいくつか理由があるが、最も大きいのが「補償対象(A・Bランク)の選手は年2人までしか獲得できない」という制限だ。ここでいうランクとは、当該選手の年俸によって下記のように決まっている。

  • Aランク・・・所属球団での年俸が上位3位までの選手
  • Bランク・・・所属球団での年俸が4位~10位までの選手
  • Cランク・・・所属球団での年俸が11位以下の選手

これにより所属球団で高年俸(上位10位以内)の、いわゆる“目玉選手”については3人以上獲得することができない。今回の3人については、山口、陽がBランク、森福がCランクなので3人取りが可能となった。

このランクがFA選手の価値を決めていると言っても過言ではないのだが、今回はBランク2人とCランク1人で、移籍前の年俸合計は3.6億円(山口0.8億、森福1.2億、陽1.6億)であった。

2006年の小笠原&門倉の4.6億円(小笠原3.8億、門倉0.8億)や、2011年の杉内&村田の5.7億円(杉内3.5億、村田2.2億)に比べるとずいぶん安く、そのせいでいまいち大型補強感が無いのかもしれない。

こんなことを言うと「大型補強の感覚がおかしい」と言われそうだが、FA選手を複数獲得して翌年に優勝できたのは2006年、2011年、2013年のみなので、今回の補強が「優勝して当たり前」かどうかを論じるに当たっては適切な例だろう。(※2013年は直近2年も優勝しており、翌年の優勝がFA補強によるものとは言いづらい。)

確かに「FA選手3人獲り」は史上初のことであり、獲得人数の多さから凄い補強のように見えるが、Aランク選手が居ないことを考えると「来年は優勝して当たり前」という程の補強ではないといえる。

FA3選手の近年の成績は?

FAで獲得した3選手の直近3年の成績は以下の通り。

3選手の直近3年の成績

出典:NPB公式サイト

2016年の成績だけを見れば一軍で活躍していたことに頷ける内容だが、2015年の成績が3選手揃って悪いのが気になる。たまたまこの年だけ調子が出なかったということもあるだろうが、安定感の無さにどことなく不安を覚えてしまう。

特に森福は2015年の対右打者の被打率が.458(24-11)だったこともあり、ここ2年は左のワンポイントに徹している。これが現・巨人の山口鉄也と被る部分もあり、一抹の不安を覚える巨人ファンは多いだろう。

この他にも、先発投手にも関わらず規定投球回を1度も投げたことのない山口しかり、盗塁の減少と共に守備範囲が狭くなってきている陽しかり、成績からどことなく不安材料が見え隠れしてしまうのだ。

FA移籍して大成功した選手がいる一方、いまいち成績の振るわない選手もいる中で、今回の3選手はどうしても後者側に見えてしまうのが正直なところ。各球団の試合をきっちり見ているわけではないので、上述した不安材料が実際どうなのかは何とも言えないが、なんとか今年以上の成績を残してくれることを祈るばかりだ。

おわりに

「優勝して当たり前」と言われると、予防線を張りたくなるのが人間の性というもので、この記事にはそういった意図がたぶんに含まれている。オフシーズンの戦力補強を見てきた身からすると、「ラミレス&グライシンガー&クルーン」「杉内&村田」ほどの絶対感はないので、安心はできないというのが正直なところだ。

おかげで随分とネガティブな内容になってしまったが、不安は期待の裏返しというように、FA移籍した3選手への期待が大きいのも事実。2年連続で優勝を逃している巨人からすると、来年の優勝にかける思いは強く、FA移籍した3選手へのプレッシャーも相当なものだろう。FAで膨れ上がった年俸(プレッシャー)に押し潰されることなく、しっかりと活躍してくれることを願うばかりだ。

スポンサーリンク