【プロ野球】逆転勝利試合における最大点差はいくつ?

9点差を逆転した阪神の金本知憲監督

2017年に入ってプロ野球ではすでに2度の大逆転劇が起こっている。

1度目は5月5日の阪神vs広島戦で、阪神が球団史上初となる最大9点差を逆転した試合。2度目は7月26日のヤクルトvs中日戦で、ヤクルトが球団史上初となる最大10点差を逆転した試合だ。

いずれも球団史上初の大逆転劇となったが、過去の最大逆転劇としては10点差を逆転した試合が3試合ある。また、それに次ぐ9点差の逆転劇も5試合あるが、両方合わせても2016年以前では8試合しか起きておらず、このレベルの逆転劇が同一年に起こるというのは前代未聞だ。

ここでは2017年に起きた2試合も含めて、10点差および9点差の逆転試合(計10試合)のスコアを紹介する。

10点差からの逆転(4試合)

大陽vs大映(1949年10月2日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
大映 1 0 9 0 0 0 0 0 0 10 16 3
大陽 0 0 0 0 0 3 4 3 1x 11 12 1
試合のスタメンを見る
大映スターズ 大陽ロビンス
伊賀上 良平 田川 豊
山田 潔 木村 勉
小鶴 誠 藤井 勇
大岡 虎雄 森下 重好
加藤 正二 辻井 弘
飯島 滋弥 松本 和雄
酒沢 政夫 田中 幸男
伊勢川 真澄 宮崎 仁郎
小川 善治 宮沢 基一郎

大洋vs松竹(1951年5月19日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
松竹 0 0 0 0 1 1 3 5 3 13 19 1
大洋 0 3 4 1 1 3 0 0 0 12 9 1
試合のスタメンを見る
松竹ロビンス 大洋ホエールズ
金山 次郎 宮崎 剛
荒川 昇治 荒木 茂
小鶴 誠 大沢 伸夫
岩本 義行 藤井 勇
三村 勲 杉浦 清
吉田 和生 安居 玉一
木村 勉 門前 真佐人
宮崎 仁郎 矢野 純一
林 茂 高野 裕良

近鉄vsロッテ(1997年8月24日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
ロッテ 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10 16 1
近鉄 0 0 1 1 4 0 3 0 1 0 0 1x 11 16 1
試合のスタメンを見る
ロッテマリーンズ 近鉄バファローズ
堀 幸一 村上 崇幸
小坂 誠 水口 栄二
立川 隆史 ローズ
キャリオン クラーク
トンプソン 鈴木 貴久
大村 厳 古久保 健二
初芝 清 御船 英之
福浦 和也 中村 紀洋
清水 将海 勝呂 壽統
園川 一美 佐野 重樹

ヤクルトvs中日(2017年7月26日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
中日 0 3 0 3 4 0 0 0 0 0 10 11 1
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 8 0 1x 11 16 2

ヤクルトはルーキーの星が5回10失点の大乱調。早々に勝負が決まったかに見えたが、7回裏に中村悠平の2ランで2点を返すと、8回裏には8安打3四球の猛攻で一挙8得点をあげて同点に追い付いた。最後は延長10回裏に代打・大松がサヨナラホームランを放ち勝利を収めている。

試合のスタメンを見る
ヤクルトスワローズ 中日ドラゴンズ
坂口 智隆 京田 陽太
山崎 晃太朗 谷 哲也
バレンティン 大島 洋平
山田哲人 ゲレーロ
リベロ ビシエド
荒木 貴裕 藤井 淳志
奥村 展征 福田 永将
西田 明央 松井 雅人
星 知弥 大野 雄大

9点差からの逆転(6試合)

西日本vs大阪(1950年11月18日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
大阪 6 3 0 0 0 3 0 0 0 12 14 1
西日本 0 3 1 0 0 5 0 5 x 14 14 2
試合のスタメンを見る
大阪タイガース 西日本パイレーツ
白坂 長栄 平井 正明
河西 俊雄 塚本 博睦
金田 正泰 永利 勇吉
藤村 富美男 田部 輝男
渡辺 博之 清原 初男
檪 信平 関口 清治
徳網 茂 日比野 武
西江 一郎 久喜 勲
干場 一夫 手代木 一彦

南海vs阪急(1962年8月7日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
阪急 0 0 10 1 0 0 0 0 0 11 11 1
南海 2 0 0 3 4 1 1 0 1x 12 23 3
試合のスタメンを見る
阪急ブレーブス 南海ホークス
本屋敷 錦吾 小池 兼司
岡嶋 博治 堀込 基明
衆樹 資宏 ピート
杉山 光平 野村 克也
戸口 天従 ハドリ
中田 昌宏 井上 登
バルボン 岡本 伊三美
木村 久 大沢 啓二
米田 哲也 三浦 清弘

広島vs中日(1995年7月30日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
中日 0 0 0 0 0 0 7 0 2 0 0 1 10 20 1
広島 1 5 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 9 16 0
試合のスタメンを見る
中日ドラゴンズ 広島カープ
山口 幸司 野村 謙二郎
種田 仁 正田 耕三
立浪 和義 音 重鎮
パウエル 江藤 智
大豊 泰昭 金本 知憲
仁村 徹 町田 公二郎
中村 武志 浅井 樹
佐藤 秀樹 瀬戸 輝信
清水 雅治 近藤 芳久

西武vs近鉄(2002年8月16日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
近鉄 2 7 0 0 0 0 1 0 0 10 14 0
西武 0 0 3 7 0 0 2 0 x 12 17 0
試合のスタメンを見る
近鉄バファローズ 西武ライオンズ
磯部 公一 松井 稼頭央
高須 洋介 小関 竜也
ローズ 高山 久
中村 紀洋 カブレラ
川口 憲史 和田 一浩
吉岡 雄二 宮地 克彦
大村 直之 エバンス
阿部 真宏 伊東 勤
古久保 健二 高木 浩之
パウエル 松坂 大輔

オリックスvs日本ハム(2003年7月29日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本ハム 0 0 0 0 3 6 0 0 2 11 14 0
オリックス 2 0 2 5 0 0 0 0 0 9 17 2
試合のスタメンを見る
日本ハム オリックス
奈良原 浩 大島 公一
坪井 智哉 塩崎 真
小笠原 道大 谷 佳知
エチェバリア ブラウン
井出 竜也 山崎 武司
高橋 信二 オーティズ
木元 邦弘 三輪 隆
森本 稀哲 福留 宏紀
金子 誠 竜太郎
正田 樹 金田 政彦

阪神vs広島(2017年5月6日)

球団 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 2 2 0 2 3 0 0 0 0 9 16 1
阪神 0 0 0 0 1 7 3 1 x 12 10 3

阪神先発はプロ初登板の福永で、序盤から広島打線に打ち込まれ、5回時点で9-0と一方的な展開となった。ところが6回裏、今度は広島先発の岡田が崩れだし、四球やエラーも絡んで一挙7失点。続く7回にも中継ぎが打ち込まれ、まさかの逆転を許してしまった。

試合のスタメンを見る
広島カープ 阪神タイガース
田中 広輔 高山 俊
安部 友裕 北條 史也
丸 佳浩 糸井 嘉男
鈴木 誠也 福留 孝介
西川 龍馬 中谷 将大
エルドレッド 鳥谷 敬
野間 峻祥 糸原 健斗
石原 慶幸 梅野 隆太郎
岡田 明丈 福永 春吾
スポンサーリンク