【プロ野球2017】沢村賞の結果と候補選手の成績一覧

2017年度沢村賞候補選手の成績一覧

2017年10月30日、巨人の菅野智之が自身初となる沢村賞を受賞した。

防御率1.59という成績や、勝利数・防御率で両リーグトップに立ったことが高く評価され、選考委員会において満場一致での選出となった。

本記事ではシーズン後半から候補選手の成績を追ってきたが、ここではその総括として、受賞した菅野のほか、各候補選手の成績をまとめていきたい。

沢村賞の選考基準

前提として沢村賞の選考基準を紹介しておく。

沢村賞の選考基準

  • 登板数-25試合以上
  • 完投数-10試合以上
  • 勝利数-15勝以上
  • 勝 率-6割以上
  • 投球回-200イニング以上
  • 奪三振-150個以上
  • 防御率-2.50以下

この基準に則って、原則として12球団から1名のみが選ばれる。先発投手における最高栄誉賞。

候補選手の成績と受賞結果

沢村賞候補選手の基準は、「いずれかの選考基準でリーグ1位を獲得している選手」とした。太字はリーグ1位、赤背景は基準を満たしていることを表す。

選手 球団 登板 完投 勝利 勝率 投球回 奪三振 防御率
沢村賞 25 10 15 .600 200 150 2.50
★菅野智之 巨人 25 6 17 .773 187.1 171 1.59
菊池雄星 西武 26 6 16 .727 187.2 217 1.97
東浜巨 福岡 24 2 16 .762 160 139 2.64
則本昂大 楽天 25 8 15 .682 185.2 222 2.57
薮田和樹 広島 38 2 15 .833 129 115 2.58
マイコラス 巨人 27 0 14 .636 188 187 2.25
千賀滉大 福岡 21 0 13 .765 137 144 2.56
金子千尋 オリ 27 6 12 .600 184.1 141 3.47

※薮田の登板38のうち先発15/中継ぎ23。3勝は中継ぎ時。

15勝以上の規定投球回到達投手のうち、選考基準を最多5項目達成しているのが菅野と菊池のみであり、実質的に一騎打ちの争いとなった。

勝利数・防御率で勝る菅野が初受賞

菅野と菊池を比較すると、菅野が勝利数・勝率・防御率の3項目で勝っており、菊池が登板数・投球回・奪三振の3項目で勝っている。

共に3項目で相手に勝っており、タイトルも共に最多勝・最優秀防御率の2つと接戦だったが、勝利数・防御率で勝る菅野が初受賞となった。

過去の受賞投手の成績を見ていくと、勝利数や防御率で勝っている方が有利な傾向がみられるため、今回の選考でも従来通りの評価がなされたと言える。

W受賞についても議論されたようだが、こちらも過去の経緯からしてハードルはかなり高く、事前の予想通り菅野の単独受賞となった。(詳しくは上記の関連記事を参照)

過去10年の受賞者一覧

参考までに過去10年の沢村賞受賞投手の一覧も掲載する。太字はリーグ1位、赤背景は基準を満たしていることを表す。

年度 選手 登板 完投 勝利 勝率 投球回 奪三振 防御率
沢村賞 25 10 15 .600 200 150 2.50
2016 ジョンソン 26 3 15 .682 180.1 141 2.15
2015 前田健太 29 5 15 .652 206.1 175 2.09
2014 金子千尋 26 4 16 .762 191 199 1.98
2013 田中将大 28 8 24 1.000 212 183 1.27
2012 摂津正 27 3 17 .773 193.1 153 1.91
2011 田中将大 27 14 19 .792 226.1 241 1.27
2010 前田健太 28 6 15 .652 215.2 174 2.21
2009 涌井秀章 27 11 16 .727 211.2 199 2.30
2008 岩隈久志 28 5 21 .840 201.2 159 1.87
2007 ダルビッシュ有 26 12 15 .750 207.2 210 1.82

出典:沢村栄治賞 – Wikipedia

スポンサーリンク