【プロ野球】2018年6月度まとめ(順位・選手成績・記録)

日本プロ野球2018年6月のまとめ

日本プロ野球における2018年6月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。(2018年5月度のまとめ記事はこちら

交流戦では東京ヤクルトスワローズがセ・リーグでは巨人以外で初となる優勝を果たした。

交流戦
ヤクルト 12 6 0 .667
オリックス 11 6 1 .647 0.5
ロッテ 11 7 0 .611 1.0
ソフトバンク 11 7 0 .611 1.0
日本ハム 10 8 0 .556 2.0
西武 10 8 0 .556 2.0
巨人 8 10 0 .444 4.0
横浜 8 10 0 .444 4.0
中日 7 11 0 .389 5.0
広島 7 11 0 .389 5.0
阪神 6 11 1 .353 5.5
楽天 6 12 0 .333 6.0

セ・リーグは5球団が借金、パ・リーグは5球団が5割以上と明暗の分かれる交流戦となったが、各球団の6月成績がどうなったかを見ていきたいと思う。

2018年6月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(6月終了時点)

セ・リーグの2018年6月度の順位表

セ・リーグ月間順位(6月)

セ・リーグの2018年6月の月間順位

セ・リーグ貯金推移(6月)

セ・リーグの2018年6月の貯金数推移

1位 広島東洋カープ

交流戦は7勝11敗の10位と苦戦したものの、交流戦後に6連勝を飾るなど、終わってみれば12勝11敗で月間2位につけた。6月はとにかく投手陣が苦しんでおり、先発防御率4.91は12球団最下位。ただ主軸の丸、鈴木、松山が揃ってOPS1.000を超えるなど、打線の月間OPS.808は12球団トップで、取られた分を取り返す野球で強さを見せた。

2位 東京ヤクルトスワローズ

交流戦では12勝6敗で初優勝を果たし、交流戦後も5連勝を飾るなど、6月は15勝8敗で最下位から一気に2位へと躍り出た。起爆剤となったのが今年MLBから復帰した青木宣親で、6月は打率.388、4本、22打点、OPS1.168と月間VMPを受賞する活躍を見せた。またエース小川が3勝0敗、防御率1.08で月間MVPを受賞するなど、投打のキーマンが躍動した形だ。

3位 阪神タイガース

6月は10勝12敗1分で月間3位。5月に防御率2点台をマークしていた先発陣が、6月は防御率4.50と急激に悪化。救援陣も月間防御率4.90と苦しむ中、能見、藤川のベテラン勢が月間防御率0点台で踏ん張りを見せた。逆に不調だった打線は月間OPS.760とリーグ3位にまで復調。2軍から昇格した陽川が打率.358、OPS1.098の活躍で起爆剤となっている。

4位 横浜DeNAベイスターズ

6月は9勝15敗で2位から4位に転落してしまった。5月終わりに今永、濱口、ウィーランドが復帰したものの、6月のチーム防御率4.42は12球団中8位で、12球団屈指だった投手力が影を潜めている。また打線もロペス、ソト、梶谷と上位打線が相次いで離脱してしまい、宮崎がOPS.970、筒香がOPS1.016と活躍するも、かなり苦しい戦いを強いられている。

5位 読売ジャイアンツ

6月は10勝13敗で月間4位。上原、内海といった投手陣が好調で、6月のチーム防御率3.51はリーグトップ。ただ打線は月間OPS.900超が一人もおらず、6月のチームOPS.684は12球団中9位。投手陣がそれなりに抑えても、野手陣が追加点を取れずに僅差で負けることが多く、6月だけで1点差負けが8試合もあるなど、かなり効率的に黒星を稼いでしまった。

6位 中日ドラゴンズ

6月は9勝14敗で月間5位。なんとか月間最下位は免れたものの、6月のチーム防御率5.15、チームOPS.663はいずれも12球団最下位。打線では平田が打率.351、OPS.950と奮闘したが、4,5月にOPS1.000近くをマークしていたアルモンテが、6月はOPS.521と大ブレーキ。また得点しても救援陣が逆転されるケースも多く、かなり苦しい状況となっている。

パ・リーグ順位表(6月終了時点)

パ・リーグの2018年6月度の順位表

パ・リーグ月間順位(6月)

パ・リーグの2018年6月の月間順位

パ・リーグ貯金推移(6月)

パ・リーグの2018年6月の貯金数推移

1位 埼玉西武ライオンズ

6月は11勝11敗で月間5位。打線は相変わらず強力で、6月のチームOPS.795は12球団中3位。秋山、外崎にいたっては月間OPS1.000を超えており、高い得点力を誇る。ただ救援陣には不安を抱えており、6月の救援防御率7.20は12球団中ダントツの最下位。点を取った以上に取られてしまうケースも多く、思ったより勝ちが伸びなかった。

2位 北海道日本ハムファイターズ

6月は12勝10敗の月間3位で、西武とゲーム差なしの首位に並び立った。投打ともに安定しており、6月のチーム防御率3.56は12球団中5位、チームOPS.800は12球団中2位と高いチーム力を誇る。中でも近藤、中田の3,4番が強力で、ふたりで44打点も叩き出している。ただ大差で勝って僅差で負けることも多く、チーム成績ほど勝ち星を伸ばせていない。

3位 福岡ソフトバンクホークス

6月は11勝10敗で月間4位。6月のチーム打率.231は12球団最下位だが、ホームラン36本は12球団トップで、とにかくホームランで得点していくスタイル。ここまで好調だった先発の千賀、石川がピリッとせず、いまいち勝ち星は伸びなかったが、鍛冶屋、寺原、二保といったリリーフ陣が月間防御率1点台と好調なので、ここからの巻き返しに期待したい。

4位 オリックスバファローズ

交流戦ではパ・リーグトップの2位となり、6月トータルでも11勝9敗2分で月間2位の好成績を残した。好調の要因は何と言ってもリリーフ陣で、6月は驚異の救援防御率1.80をマーク。12球団唯一の1点台で、接戦や延長戦で強さを見せた。ただ打線の方はピリッとせず、6月のチームOPS.697はリーグ最下位。投打が噛み合えば優勝も狙っていけるはずだ。

5位 千葉ロッテマリーンズ

6月は14勝8敗で月間1位。6月のチーム防御率2.85はリーグトップ、チームOPS.751はリーグ3位と盤石の態勢だ。先発ではボルシンガーが5勝0敗、石川歩が4勝0敗と抜群の安定感を誇っている。打線でも角中が打率.395、OPS.995の活躍で月間MVPを受賞するなど、投打が上手く噛み合っておりチーム状態は良い。

6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

6月は10勝13敗で最下位。4,5月の流れそのままに交流戦中もあまり良い所がなく、借金20の大台に乗ったところで、ついに梨田監督が辞任することとなった。ただ6月中旬に復帰した島内や、2年目の田中が打撃好調で、少しずつ底は脱しつつある。実際、リーグ戦再開後は4勝3敗で勝ち越すなど、監督辞任ブーストがかかる可能性はありそうだ。

2018年6月の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セ・リーグ2018年6月度の打撃タイトル争い

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セ・リーグ2018年6月度の投手タイトル争い

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パ・リーグ2018年6月度の打撃タイトル争い

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パ・リーグ2018年6月度の投手タイトル争い

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2018年6月の月間MVP候補一覧

6月の月間MVP候補選手の成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

ヤクルト・青木が、打率.388、安打33、打点22、得点圏打率.600でリーグトップとなり、自身4度目の受賞となった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
青木宣親 ヤク .388 23 85 33 4 22 0 .485 .682 1.168
陽川尚将 阪神 .358 19 67 24 3 20 1 .427 .672 1.098
松山竜平 広島 .357 22 70 25 4 16 0 .423 .643 1.066
平田良介 中日 .351 22 77 27 1 7 1 .432 .519 .951
丸佳浩 広島 .346 23 81 28 8 15 3 .490 .741 1.231

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

セ・リーグ【投手部門】

ヤクルト・小川がリーグトップの3勝0敗、防御率1.08をマークし、自身2度目の受賞となった。

選手名 球団 防率 試合 投回 奪三 完投 完封 自責
小川泰弘 ヤク 1.08 4 3 0 0 0 25 20 0 0 3
山口俊 巨人 2.08 4 2 1 0 0 30.1 31 1 0 7
菅野智之 巨人 3.09 5 3 2 0 0 32 29 1 1 11
大瀬良大地 広島 3.19 5 3 1 0 0 31 28 0 0 11
*カラシティー ヤク 2.33 5 3 0 0 0 19.1 13 0 0 5

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【打者部門】

ロッテ・角中が、リーグトップの打率.395、リーグ2位の出塁率.452&安打数32をマークし、初受賞となった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
角中勝也 千葉 .395 22 81 32 2 16 1 .452 .543 .995
吉田正尚 オリ .375 22 80 30 2 14 0 .427 .575 1.002
近藤健介 オリ .373 21 75 28 5 20 1 .460 .680 1.140
秋山翔吾 西武 .365 23 96 35 4 11 3 .435 .583 1.019
上林誠知 福岡 .329 21 82 27 9 24 1 .345 .720 1.065

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【投手部門】

ロッテ・ボルシンガーが、リーグトップの5勝0敗をマークし、初受賞となった。2度の完投でリーグトップの35投球回だったことも評価された。

選手名 球団 防率 試合 投回 奪三 完投 完封 自責
石川歩 千葉 0.99 4 4 0 0 0 27.1 15 0 0 3
岸孝之 西武 1.74 4 4 0 0 0 31 34 0 0 6
ボルシンガー 千葉 2.31 5 5 0 0 0 35 27 2 1 9
*山本由伸 オリ 0.69 13 1 0 0 11 13 10 0 0 1
*吉田一将 オリ 0.00 14 0 0 0 10 14.2 16 0 0 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

2018年6月の記録・ニュース

中日・高橋が4打席連続二塁打の日本タイ記録

5月31日のオリックス戦から6月1日の日本ハム戦にかけて、中日・高橋周平が4打席連続で二塁打を放つ日本タイ記録をマークした。同記録の達成者は史上8人目。

ヤクルト・青木が史上5人目の先頭打者ランニングHR

6月14日の西武戦で、ヤクルト・青木宣親が史上5人目となる先頭打者ランニングホームランを放った。

スポンサーリンク