読売ジャイアンツ秋季練習の見学レポート(練習時間、球場の様子など)

巨人の秋季練習を見学

2018年の10月と11月に、巨人の秋季練習を見学しにジャイアンツ球場へ行ってきた。

秋季練習については調べてもなかなか情報がなく、行ってみないとわからないこともあったので、練習時間や球場の様子など、自分用の備忘録として書いていきたい。

あくまで秋季練習全体の様子を伝えるもので、選手個々のレポートではないので悪しからず。秋季練習を見にいってみたいと思っている人に少しでも参考になればと思う。

秋季練習の開催期間と場所

巨人の秋季練習は、毎年シーズン終了後の10月~11月に読売ジャイアンツ球場で行われる。具体的な期間は球団の公式HPやTwitterなどで告知されるのでチェックしておくと良いだろう。秋季練習中の入場料は無料である。

今年は秋季キャンプ前の10月27日~29日の3日間と、秋季キャンプ裏の10月31日~11月18日に行われた。10月27日~29日の3日間については事前の告知がなく、27日の朝に公式Twitterでツイートされるのみであった。

事前に球団事務所に確認している人もいるようだが、もう少し告知関連は余裕をもって教えてもらえるとありがたいなと思う。

秋季練習のメンバーと時間

練習メンバー

秋季練習のメンバーは、秋季キャンプに参加しないベテラン主力組と2軍・3軍の若手が中心となる。

秋季キャンプ前の10月27日~29日は、原監督やフェニックスリーグ不参加の若手を見ることができたが、キャンプ期間中はキャンプに参加している若手選手、監督、コーチはいないので注意。

またベテラン主力組も秋季練習の始めの期間にしかおらず、それ以降はオフに入ってしまうので、ベテラン主力組を見たい場合は早い時期に行った方が良いだろう。

今年は11月8日にMLB選抜とのエキシビションマッチがあったため、その直前までベテラン主力組が練習をしていたが、例年だともっと早くオフに入ってしまう可能性もある。

参加選手を事前告知してくれると助かるのだが、そういった情報は見つからなかったので、目当ての選手を見られないことも覚悟しておいた方が良いだろう。

練習時間

例年がどうかはわからないが、練習はだいたい9:30に始まって、ウォーミングアップ後にノックや打撃練習、遠投や走り込みをしている。

打撃練習などは一軍のベテラン主力組から順番に行い、終わると引き上げてしまうので、阿部や坂本といったベテラン主力組を見たい場合は、午前中の早い時間に行った方が良いだろう。

昼過ぎからはキャンプに参加していない2軍・3軍の若手が練習をしていたが、おそらくベテラン主力組がオフに入ったあとは、午前中から練習しているものと思われる。

ジャイアンツ球場の様子

読売ジャイアンツ球場の様子

思いのほか人が多く、男性も女性もそれなりにいた。家族で来たり、カップルで来たり、もちろん一人で来る人もいるため、どういうスタイルで行っても問題ないだろう。

写真を撮りたい人は場所取りのため、練習開始よりも早めに来ている様子。またサインをもらうために、球場の出入口で選手待ちをする人の列も見受けられた。

たまに人がザザッと動いて突発的な行列ができることがあるのだが、それは大抵ゲリラサイン会が始まった時で、私が行ったときは原監督と中井、橋本両選手がサインをしていた。

球場は日影がほとんどないため、10月~11月とはいえ日焼け対策はしていった方が良いと思う。自販機はあるが食べ物は売ってないので、午後までいるなら何か持って行ったほうが良さそうだ。

おわりに

自分の備忘録もかねて、ざっと秋季練習の情報や雰囲気をまとめてみた。

今回初めて秋季練習を見にいったが、シーズン中の試合と違ってかなり近くで一軍の主力選手を見られるので、それだけでも結構貴重な体験だったと思う。

ちなみに私のしょぼいデジカメでも、このくらいの写真は撮れるので、写真を撮りたい人にもおすすめ。

亀井善行

練習を間近で見ると、バッティングフォームから打球音までいろいろと違いがわかりやすく、球場での試合観戦とはまた違った面白さがあった。

これをきっかけに、来年以降ほかの球団の秋季練習も見学に行ってみたいと思う。