【検証】12球団の捕手比較!2016年の「現役最強キャッチャー」は誰だ?

小林誠司

ここでは、2016年時点での「現役最強捕手」は誰かを決定したい。

主観を極力排除するため、2016年度および通算成績を元に順位付けを行い、その結果で「最強」を決定する。

評価の方法は以下の通り

  1. 代表的な指標を選択し、各指標ごとに順位付けを行う。
  2. 各指標の順位の平均を出し、「2016年度守備」「2016年度打撃」「通算守備」「通算打撃」の4部門で順位付けを行う。
  3. 4部門の順位の平均を出し、この平均順位が最も高かった選手を現役最強捕手とする。

ちなみに「現役」をうたっていることから、候補者は各球団で今シーズン最も捕手出場が多かった選手(12人)としている。
エントリーされたのは以下の12人。

早速、比較検証に入っていきたい。

2016年度成績比較

まずは2016年度成績の比較から、守備と打撃それぞれに分けて行っていく。

守備成績(2016)

選手名 試合 捕逸 守備率 阻止率 順位
石原慶幸(広) 106 3 .998 .333 1
小林誠司(巨) 129 4 .994 .356 2
戸柱恭孝(横) 124 8 .989 .200 11
原口文仁(神) 87 7 .995 .233 10
中村悠平(ヤ) 106 6 .996 .265 9
杉山翔大(中) 101 1 .994 .327 5
大野奨太(日) 108 4 .997 .310 3
鶴岡慎也(ソ) 103 3 .998 .121 6
田村龍弘(ロ) 129 5 .996 .306 4
炭谷銀仁朗(西) 117 4 .992 .317 6
嶋基宏(楽) 78 4 .993 .194 12
若月健矢(オ) 84 0 .995 .283 8

2016年度の守備成績では、広島東洋カープの石原選手が1位という結果になった。各指標が満遍なく高水準のうえ、守備率では1位の成績を残しており、平均順位が高くなったものと考えられる。

最下位は東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋選手。出場試合数が少ないのが大きいが、それ以外にも守備率の悪さや盗塁阻止率の低さが目立つ。日本代表キャッチャーでもあるだけに、意外な結果となった。

横浜DeNAベイスターズの戸柱選手が、捕逸・守備率で貫録の数字を叩きだしているが、新人として124試合出場の貢献は大きく、最下位は免れたようだ。

打撃成績(2016)

※別ポジションや代打での出場成績も含む。

選手名 試合 打率 本塁 打点 出塁率 長打率 順位
石原慶幸(広) 106 .202 0 17 .296 .230 12
小林誠司(巨) 129 .204 4 35 .276 .269 6
戸柱恭孝(横) 124 .226 2 23 .267 .264 7
原口文仁(神) 107 .299 11 46 .376 .453 1
中村悠平(ヤ) 106 .187 3 37 .266 .259 8
杉山翔大(中) 104 .260 3 27 .340 .357 4
大野奨太(日) 109 .245 5 35 .334 .344 3
鶴岡慎也(ソ) 103 .251 1 9 .284 .346 8
田村龍弘(ロ) 130 .256 2 38 .324 .332 2
炭谷銀仁朗(西) 117 .218 1 22 .251 .269 10
嶋基宏(楽) 80 .271 2 17 .393 .357 5
若月健矢(オ) 85 .227 0 20 .259 .284 11

2016年度の打撃成績では、阪神タイガースの原口選手がぶっちぎりの1位となった。出場試合数以外の全ての指標で1位となっており、野村・城島・阿部に続く、打撃型キャッチャーとして期待が高まる。(※シーズン途中で一塁へコンバートしているのが気になるが・・・。)

最下位は広島の石原選手。守備部門では1位を獲得し、広島カープ優勝に大きく貢献したものの、打撃については年齢による衰えが見えている。特に本塁打などの長打が少ない結果となったが、今年の広島打線であれば問題無かったのであろう。

打撃について叩かれることの多い読売ジャイアンツの小林選手だが、平均順位程度の成績は残せているので、正直叩かれすぎな印象はある。

通算成績比較

続いて通算成績の比較を、守備と打撃それぞれに分けて行っていく。

なお通算成績となると、現役生活が長い選手の方が出場試合数や本塁打数などの累積指標で有利となるが、こうした経験値や実績というのも「最強」を決めるためには必要不可欠だと思っているので、比較の中に盛り込んでいる。

守備成績(通算)

選手名 試合 捕逸率 守備率 阻止率 順位
石原慶幸(広) 1268 .037 .992 .294 8
小林誠司(巨) 255 .035 .994 .382 3
戸柱恭孝(横) 124 .065 .989 .200 12
原口文仁(神) 87 .087 .995 .233 11
中村悠平(ヤ) 632 .035 .994 .296 6
杉山翔大(中) 162 .031 .990 .337 9
大野奨太(日) 698 .033 .997 .336 1
鶴岡慎也(ソ) 1014 .031 .996 .265 2
田村龍弘(ロ) 301 .033 .993 .371 4
炭谷銀仁朗(西) 1013 .045 .994 .350 4
嶋基宏(楽) 1107 .060 .993 .271 10
若月健矢(オ) 88 .000 .995 .278 6

通算の守備成績では、北海道日本ハムファイターズの大野選手が1位となった。さすが日本一になったチームのキャッチャーというべきか、全ての指標で平均以上の成績を残している。

最下位は横浜の戸柱選手。2016年度単年では最下位を免れたものの、通算成績ではまだ新人で実績が無いことが大きく響いた。

通算で見ると、セリーグの捕手に若手が多いことから、全体的にパリーグの捕手の方が順位が高くなっている。

ちなみに、通算成績においては、「捕逸」ではなく「捕逸率」で評価している。捕逸を単純に足してしまうと現役生活の長い選手が不利になり、本来の評価目的に反する結果となるため、このような対応としている。(※例えば、毎年捕逸1で10年間プレイした選手と、捕逸9で1年間プレイした選手を、捕逸数で比較すると後者の方が優秀ということになってしまう。これはさすがにおかしい。)

打撃成績(通算)

※別ポジションや代打での出場成績も含む。

選手名 試合 打率 本塁 打点 出塁率 長打率 順位
石原慶幸(広) 1450 .239 63 354 .303 .330 1
小林誠司(巨) 262 .218 8 62 .290 .292 9
戸柱恭孝(横) 124 .226 2 23 .267 .264 11
原口文仁(神) 87 .299 11 46 .376 .453 4
中村悠平(ヤ) 537 .240 15 151 .314 .303 3
杉山翔大(中) 167 .232 6 44 .295 .322 7
大野奨太(日) 711 .216 26 142 .290 .313 5
鶴岡慎也(ソ) 921 .238 14 234 .270 .307 5
田村龍弘(ロ) 304 .208 4 81 .280 .273 10
炭谷銀仁朗(西) 1018 .206 26 232 .244 .276 7
嶋基宏(楽) 1120 .250 20 247 .331 .308 2
若月健矢(オ) 90 .221 0 20 .252 .275 12

通算の打撃成績では、広島の石原選手が1位となった。やはり通算ともなると、積み上げてきた実績がモノをいう。衰えは見えているものの、12選手の中での実績は抜群なので、妥当な評価と言えるだろう。

最下位はオリックスバファローズの若月選手。まだ今年3年目の若手のため、実績がないぶん厳しい戦いを強いられた。地味に2016年度もブービーなので、これは仕方がないか。

こうしてみると、通算打率が2割後半の古田(.294)・城島(.296)・阿部(.286)がいかに化け物かということがよくわかる。そして、そこに割って入ろうとしている原口選手(.299)も十分異次元の成績と言えるだろう。

総合成績比較!最強の捕手は?

さてお待ちかねの総合順位。

ここで1位になった選手が、2016年時点における「現役最強捕手」の栄冠を手にすることになる。

ちなみに画像は巨人の小林選手だが、指の形が「1位」を表しているというだけで、総合順位には関係ない。

勿体ぶってもしょうがないので、順位一覧をドーンと発表。

成績順位一覧

選手名 2016 通算 総合
守備 打撃 守備 打撃
大野奨太(日) 3 3 1 5 1
小林誠司(巨) 2 6 3 8 2
田村龍弘(ロ) 4 2 4 10 2
鶴岡慎也(ソ) 6 8 2 6 4
石原慶幸(広) 1 12 8 1 5
杉山翔大(中) 5 3 9 7 6
原口文仁(神) 10 1 11 3 7
中村悠平(ヤ) 9 9 6 4 7
炭谷銀仁朗(西) 6 10 4 8 9
嶋基宏(楽) 12 5 10 2 10
若月健矢(オ) 8 11 6 12 11
戸柱恭孝(横) 11 7 12 11 12

「現役最強捕手」は北海道日本ハムファイターズの大野奨太選手に決定!

全ての部門で5位以上の成績を収め、通算守備成績では堂々の第1位。日本一のチームのキャッチャーは本当に日本一だった。

正直、あまり目立つ選手ではない印象だが、縁の下の力持ちということで実力は折り紙付きだったようだ。やはり、打撃も守備も高い水準で安定している選手は強い。

2位には、読売ジャイアンツの小林選手と、千葉ロッテマリーンズの田村選手がランクイン。小林選手が強肩を活かした守備型なのに対し、田村選手が打撃型の印象。もちろん両選手とも、12選手の中では守備・打撃は高い水準を維持している。

特に田村選手の2016年度の打撃成績については、原口選手の陰に隠れているものの、堂々の第2位であり「打てる捕手」の片鱗が垣間見える。また、交流戦などを見ていると、キャッチングや肩も良さそうなので、今後球界を代表するキャッチャーになっていくものと思われる。

下位に甘んじている戸柱選手や若月選手も、まだまだ若いので今後の成長に期待したい。

おわりに

今回の比較検証について、思うところがある人もいると思うが、あくまで机上の成績比較から導き出した結果だということを留意いただきたい。

課題としては、各指標の重み付けができておらず、単純な相対順位だけで評価をしてしまっている点が挙げられる。捕手の能力としては、キャッチング、フレーミング、リード、肩、打撃など様々なものがあるが、どれが重要かということに重きを置いていない。また、フレーミングやリードについては、評価自体が適正にされていない可能性が高い(一応、出場試合数という項目で経験値を測ってはいるが・・・)。

とはいえ、比較的わかりやすい指標を使って、それなりの順位付けができたことには満足している。

やりはじめる前は、広島の石原選手が1位かと思っていたのだが、全然そんなことはなく日本ハムの大野選手が1位であった。こうして客観的にデータを比較してみると、今まで知らなかった気付きを得られるので非常に面白い。

また、今回この「現役最強捕手検証」をやるキッカケとして、「他球団捕手のことをあまりよく知らないのでデータだけでも見ておきたい」と思ったのが大きい。そういう意味では目標は達成されたように思う。

また何か思いつく度に比較検証を行っていこうと思うので乞うご期待。

スポンサーリンク