【プロ野球】2018年7月度まとめ(順位・選手成績・記録)

日本プロ野球2018年7月のまとめ

日本プロ野球における2018年7月度の各チーム状況および、話題になった記録・ニュースを振り返ってみたい。(2018年6月度のまとめ記事はこちら

セ・リーグでは広島が2位に9.5ゲーム差をつけて独走態勢に入っており、パ・リーグでは西武と日本ハムの優勝争いとなっている。いずれのリーグも下位チームにゲーム差はそこまでなく、どこの球団もAクラス入りのチャンスはあると言えるだろう。

2018年7月の各チーム状況

セ・リーグ順位表(7月終了時点)

セ・リーグの2018年7月度の順位表

セ・リーグ月間順位(7月)

セ・リーグの2018年7月の月間順位

セ・リーグ貯金推移(7月)

セ・リーグの2018年7月の貯金数推移

1位 広島東洋カープ

7月は12勝5敗の勝率.706で首位を快走。オールスター前は豪雨の影響で中止が相次いだが、オールスター明けは休養のおかげもあってか9勝3敗と圧倒的な強さを見せた。投打ともに抜きんでており、6月のチーム防御率3.06は12球団トップ、チームOPS.813も12球団2位(リーグトップ)と他の追従を許さない。OPS1.000超の丸、鈴木を筆頭に、上位から下位まで隙の無い打線となっている。

2位 東京ヤクルトスワローズ

7月は9勝10敗で月間4位。青木が頭部死球で離脱した影響もあり、オールスター前にまさかの8連敗を喫してしまう。後半戦には青木も復帰し、7月のOPS1.000超の山田、バレンティンと共に強力打線を形成して7連勝を飾るなど、何とか月間成績を五分に戻した。先発ではエース小川が好投を続けているが、5,6月と安定していた勝ちパターンに少し疲れが見え始めているのが不安要素か。

3位 読売ジャイアンツ

7月は12勝11敗で月間2位。7連勝で2位に浮上し、勢いそのままに広島との首位攻防戦に挑んだが、手痛い3連敗を喰らい意気消沈。そのまま6連敗を喫して、勢いを失ってしまった。新外国人のヤングマン、メルセデスの活躍もあって先発陣は安定したが、中継ぎが崩壊気味で守護神マシソンも怪我で離脱。また攻守の要の坂本勇人が離脱するなど台所事情は苦しいが、2年目の吉川尚輝が月間OPS.976の活躍で坂本の穴を埋めているのが大きい。

4位 横浜DeNAベイスターズ

7月は9勝11敗で月間5位。6月の時点で投手陣の不調が目立っていたが、7月はチーム防御率5.64で12球団最下位に。今永、井納、濱口、ウィーランド、石田といった先発ローテ―ション投手が軒並み防御率5点台以上で、序盤に大量失点して試合が終わってしまうケースも少なくない。打線では桑原、ソトの1,2番コンビが月間OPS1.000超の活躍を見せているものの、クリーンナップが打点を稼げておらず噛み合わない部分もある。

5位 阪神タイガース

7月は6勝10敗で最下位まで1ゲーム差と迫った。先発投手の成績悪化が止まらず、7月の先発防御率6.19は12球団ワースト。メッセンジャー、秋山、岩貞の3本柱が揃ってピリッとせず、安定して勝てる試合が無くなってしまった。打線は6月後半からスタメンの北條のほか、福留、ロサリオが月間OPS1.000近い成績を残しており調子は上向き。昨年盤石を誇った投手陣の復調が待たれる。

6位 中日ドラゴンズ

7月は10勝11敗の月間3位。アルモンテ、モヤの両外国人がケガで離脱し、打線はかなり苦しい状況に陥ったが、ビシエドが打率.378、OPS1.105と月間MVP級の活躍で奮闘。また先発の小笠原、ガルシアが7月は共に3勝で防御率1点台とエースの働きを見せており、チームの勝利をけん引している。救援防御率も4.34と6月よりは大分良化しており、あとはアルモンテの復帰を待って反撃といきたいところ。

パ・リーグ順位表(7月終了時点)

パ・リーグの2018年7月度の順位表

パ・リーグ月間順位(7月)

パ・リーグの2018年7月の月間順位

パ・リーグ貯金推移(7月)

パ・リーグの2018年7月の貯金数推移

1位 埼玉西武ライオンズ

7月は13勝5敗の勝率.722で、月頭に首位で並んでいた日本ハムを突き放す形となった。相変わらず打線が好調で、7月のチームOPS.850は12球団トップ。浅村、山川、中村の3人が長打率.700前後、月間OPS1.000超と破壊力抜群だ。投手力は相変わらず低いが、取られた以上に取れば良いの精神で勝ちを重ねている。5,6月と若干打線の勢いが落ちていたが、7月は4月以上の勢いを取り戻している

2位 北海道日本ハムファイターズ

7月は10勝8敗で月間3位。どのチームも投壊気味な中で、投手陣が比較的安定しており、7月のチーム防御率3.41はリーグトップ。有原、上沢が共に3勝を挙げたほか、トレードで来た杉浦や、2年目の堀が今季初勝利を挙げるなど、先発陣の活躍が光る。打線では2番を打っていた大田泰示が死球骨折で離脱したが、2軍から昇格した松本剛がその穴を埋めており、何とか西武に食らいついている形だ。

3位 福岡ソフトバンクホークス

7月は6勝11敗と大きく負け越して月間5位。先発・リリーフともに投壊が進んでおり、先発陣は7月の防御率が軒並み5点台。リリーフもマシンガン継投が祟ってか、鍛冶屋、モイネロあたりが捕まることが多くなった。逆に打線は柳田、今宮を中心に好調で、7月のチームOPS.801は西武に次いでリーグ2位。ただ24日から柳田が負傷欠場しており、打線の要を欠いた状態で窮地に立たされている。

4位 千葉ロッテマリーンズ

7月は7勝10敗3分で月間4位。6月に好調だった投手陣が苦戦を強いられており、特に先月4勝0敗、防御率0.99だった石川歩が、今月は0勝2敗、防御率7.03と精彩を欠いている。また勝ちパターンの益田、内が失点する場面も出てきており、投手陣には不安を抱えている。打線では4番の井上晴哉が7月の打率.400、OPS1.286と孤軍奮闘しているが、1番を打っていた荻野が離脱した影響もあり得点力不足が否めない。

5位 オリックスバファローズ

7月は6勝13敗1分と大きく負け越し、とうとう最下位が見えてきてしまった。7月のチーム打率.244、OPS.664は共に12球団最下位。OPSに至っては12球団で唯一の.600台であり、深刻な得点力不足に悩まされている。また盤石を誇ったリリーフ陣にも疲れが見え始めており、山本、吉田、増井の勝ちパターン3人で5敗を喫するなど、僅差の試合で勝てなくなってきている。何とか打線の援護が欲しいところ。

6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

7月は12勝7敗で月間2位。オールスター後の12試合で10勝2敗と恐ろしいブーストをかけてきており、先月までぶっちぎりの最下位だったのが、既に5位の背中が見える位置まで来ている。7月の防御率3.78はリーグ2位、OPS.765はリーグ3位と、もはや前半戦までとは別のチーム。7月に入ってアマダーがHR11本、OPS1.154と大爆発しているほか、守護神ハーマンも19試合連続無失点を継続中とチームの勢いをけん引している。

2018年7月の個人タイトル争い

セ・リーグ【打撃部門】

セ・リーグ2018年7月度の打撃タイトル争い

出典:セ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

セ・リーグ【投手部門】

セ・リーグ2018年7月度の投手タイトル争い

出典:セ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

パ・リーグ【打撃部門】

パ・リーグ2018年7月度の打撃タイトル争い

出典:パ・リーグ リーダーズ打撃部門 – NPB

パ・リーグ【投手部門】

パ・リーグ2018年7月度の投手タイトル争い

出典:パ・リーグ リーダーズ投手部門 – NPB

2018年7月の月間MVP候補一覧

7月の月間MVP候補選手の成績一覧。(*印は規定未達)

セ・リーグ【打者部門】

ヤクルト・山田哲人が、打率.425、出塁率.517、長打率.781、OPS1.298、盗塁8でリーグトップとなり、自身6度目の受賞となった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
山田哲人 ヤク .425 19 73 31 7 18 8 .517 .781 1.298
桑原将志 横浜 .421 20 76 32 3 8 4 .470 .658 1.128
ビシエド 中日 .378 21 74 28 5 19 0 .483 .622 1.105
丸佳浩 広島 .311 17 61 19 8 18 1 .462 .738 1.199
ソト 横浜 .278 20 79 22 9 22 0 .337 .671 1.008

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

セ・リーグ【投手部門】

広島・ジョンソンが、リーグトップの4勝、防御率2.03の安定感を見せて、自身初受賞となった。

選手名 球団 防率 試合 投回 奪三 完投 完封 自責
小川泰弘 ヤク 1.69 4 1 2 0 0 26.2 18 0 0 5
小笠原慎之介 中日 1.71 4 3 0 0 0 26.1 19 1 1 5
ガルシア 中日 1.93 4 3 1 0 0 28 23 0 0 6
ジョンソン 広島 2.03 4 4 0 0 0 26.2 27 0 0 6
ヤングマン 巨人 2.77 4 3 1 0 0 26 25 0 0 8

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【打者部門】

ロッテ・井上晴哉が、打率.400、打点23、出塁率.500、OPS1.286でリーグトップとなり、自身初受賞となった。

選手名 球団 打率 試合 打数 安打 本塁 打点 盗塁 出塁率 長打率 OPS
井上晴哉 千葉 .400 20 70 28 7 23 0 .500 .786 1.286
柳田悠岐 福岡 .392 13 51 20 6 13 1 .429 .765 1.193
浅村栄斗 西武 .378 18 74 28 7 19 0 .432 .716 1.148
山川穂高 西武 .347 18 72 25 8 16 0 .420 .694 1.114
アマダー 楽天 .304 17 69 21 11 17 0 .342 .812 1.154

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

パ・リーグ【投手部門】

日本ハム・有原航平が、リーグトップとなる4勝、防御率1.52、投球回29.2の成績で、自信2度目の受賞となった。

選手名 球団 防率 試合 投回 奪三 完投 完封 自責
有原航平 ハム 1.52 4 3 0 0 0 29.2 18 1 0 5
涌井秀章 千葉 1.93 3 1 0 0 0 23.1 8 0 0 5
上沢直之 ハム 3.54 4 3 1 0 0 28 28 0 0 11
*近藤大亮 オリ 0.00 9 1 0 0 4 10.2 10 0 0 0
*ハーマン 楽天 0.00 10 0 0 6 2 9 7 0 0 0

出典:NPB – 月間MVPスポーツナビ – 個人成績

2018年7月の記録・ニュース

ヤクルト・山田がサイクルヒット達成

7月9日の巨人戦にて、ヤクルトの山田哲人が史上66人目(71度目)となるサイクルヒットを達成した。

西武・源田が新人開幕からの連続フルイニング出場の日本記録更新

7月11日に西武の源田壮亮が、新人開幕から221試合連続フルイニング出場を果たし、これまで長嶋茂雄が持っていた220試合の記録を抜いて日本新記録を樹立した。なおフルイニング出場は現在も継続中。

西武・秋山が史上初の2年連続AS先頭打者HR

7月13日に行われたオールスターゲームで、西武の秋山翔吾が先頭打者ホームランを放った。これで秋山は2年連続でのAS先頭打者ホームランとなり、史上初の快挙となった。

DeNA・桑原がサイクルヒット達成

7月20日の阪神戦にて、横浜DeNAの桑原将志が史上67人目(72度目)となるサイクルヒットを達成した。

巨人・山口がノーヒットノーラン達成

7月27日の中日戦で、巨人の山口俊が史上79人目(90回目)となるノーヒットノーランを達成した。

スポンサーリンク