【巨人】高橋由伸という天才~プロ18年間の軌跡~

高橋由伸

巨人一筋18年、そのバッティングセンスとスター性から、多くのファンに愛された高橋由伸選手

昨年、突然の引退からの監督就任に、球界には動揺が走った。ベテランでありながら打撃の才覚に衰えは見えず、代打一番手として活躍を続けており、引退を惜しむ声が多く聞こえた。

由伸を入団当時から知る私としては、引退試合すら行われなかったことは本当に悲しいことであった。原監督の辞任、賭博問題など、球団のゴタゴタを一手に引き受けたその覚悟には男気を感じたが、これだけの偉大な選手に花道を用意してやれなかった球団に対しては残念な気持ちしかない。

巨人入団後、新人でいきなり3割19本75打点を叩き出し、その将来にはち切れんばかりの期待が膨らんだ。しかし、全力プレーが仇となって怪我に付きまとわれることとなり、悲劇の天才と呼ばれるようになる。

選手の魅力というのは、何も圧倒的な成績だけではない。それを体現しているのが高橋由伸という選手だろう。類まれなるセンスとスター性を兼ね備えた、彼のプロ人生について見ていきたい。

高橋由伸の全盛期

由伸の全盛期については色々と意見があるかと思うが、私は間違いなく入団1・2年目だと思っている。

私自身が最も野球を見ていた時期と重なるため、思い出補正も多分にあることは否定しないが、あの頃の由伸ほど見ていて胸の躍る選手を私は知らない。

当時の「3番高橋由伸、4番松井秀喜、5番清原和博」の並びは、未だにNPB最高のクリーンナップだと思っている。

松井秀喜と高橋由伸

由伸の特筆すべき点は、新人時代の成績である。

1998年:打率.300 本塁打19 打点76 OPS.852

贔屓球団の大卒新人でこの成績を叩き出されたら、ファンは絶頂ものだろう。今年の阪神高山選手が同じく慶応の後輩として、大卒新人で.275 8本 65点 OPS.707と優秀な成績を収めているが、これを一回り以上凄い選手にしたと考えればその凄さを実感できると思う。

ちなみに新人時代は、同年に中日に入団した川上憲伸選手との対決が度々取り上げられていた。どちらも大卒新人で、大学時代からのライバル関係というのもあり、スポーツニュースでも散々煽られた。

結局、この年の新人王は川上投手が獲得することになる。98年のセリーグ新人王というと、そのレベルの高さから、未だに語り継がれる伝説の年である。

  • 川上憲伸:14勝6敗 防2.57 161.1回 奪三振124 111票
  • 高橋由伸:打率.300 19本 76打点 OPS.852 65票
  • 坪井智哉:打率.327 2本 21打点 OPS.797 12票
  • 小林幹英:9勝6敗18S 防2.87 81.2回 奪三振105 5票

別の年に出ていれば、全員新人王を取れていておかしくない成績なだけに、98年に集中してしまったことが悔やまれる。

一年目にこれだけの成績を叩き出したのだから、もちろん二年目にも期待がかかる。「二年目のジンクス」と言われるように、前年の活躍から研究もされて、成績が落ちてしまう選手も多い。そんな中、由伸が叩き出し成績がこれだ。

1999年:打率.315 本塁打34 打点98 OPS.956

「天才」という言葉がこれほど似合う選手もいないだろう。一年目の成績をさらに一回りパワーアップさせ、一体将来どれだけの選手になるのだろうかと胸を躍らせたものだった。新人からの二年連続3割達成は他に3人(長嶋茂雄、横田真之、坪井智哉)しかおらず、しかも同年は三冠王並みの成績を維持していた。(※ちなみに、この2年間はラビットボールでもない。関連記事:ラビットボールとは?年間本塁打数が2倍だった脅威の期間

しかし、9月14日の中日戦での守備時に、外野フェンスに激突して鎖骨を骨折。そのままシーズンを終了し、この年の出場試合数は118試合に留まった。この頃から、天才の輝かしい野球人生に陰りが見え始める。

タイトル無しの悲劇の天才

通算成績、獲得タイトルともに、歴代のレジェンド達に肩を並べるものと思われた由伸であったが、結局タイトルを獲得することなく現役生活を終えることとなる。目立った賞というと、ベストナイン2回、ゴールデングラブ7回くらいのもので、新人時代に期待されていた姿とは程遠いものとなってしまった。

主な原因は全力プレーによる守備中のケガである。怪我と復帰を繰り返すことで、試合出場数が安定せず、また怪我の後遺症も響いて、思うように成績を伸ばせなかった。

1997年には超攻撃的1番打者として、シーズン先頭打者本塁打9本の日本記録を達成するなど復活の兆しを見せたが、翌年には腰痛が再発して戦線離脱。失敗したら一生車椅子かもしれないと言われた大手術を乗り越えるも、リハビリに1年間を費やし、2009年はわずか1試合の出場。その後は代打での起用が多くなった。

高橋由伸の試合数と安打数の推移

高橋由伸の試合数と安打数の推移

通算成績を見ても、間違いなく一流ではあるものの、期待された超一流の域には到達していない。(通算3割、3000安打、500本、1000打点など)

▼通算成績
打率.291 安打数1753 本塁打321 打点986 OPS.872

「もし由伸の体が丈夫だったら・・・」などというタラレバが語られるほど、天才由伸の幻想に囚われるファンは少なくない。この点では、広島カープの前田智徳選手と共通する部分もあるだろう。

代打生活を送るようになってからも、その美しいバッティングフォームと天性のバットコントロールにより、ここぞの場面での決勝打を積み上げていき、多くのファンの心を掴んで話さなかった。打席に立った時の声援は、球界一と言っても過言ではなかっただろう。

監督としての高橋由伸

監督に就任した2016年のシーズンは2位に終わった。

新人監督としてはまずまずの成績であるが、監督になってからの由伸は感情が失われたかのように無表情なのが気になる。勝利監督インタビューでも、他人事かのように淡々としており、「監督を辞めたいのでは?」とファンに勘繰られるほど。

確かに、監督就任までの経緯を考えれば、望んだ形でないのは間違いないだろうし、心中を察することはできる。しかし、選手時代の由伸を好きであったのと同様に、監督時代の由伸も好きでありたいのが正直なところ。

メディア受けを狙ってパフォーマンスをしろとは言わないが、選手時代の頃のように勝った時には笑顔で喜ぶ、そんな由伸監督の姿を来年こそは見たい。天才・高橋由伸は、私の中でいつまでもスターなのだから。

スポンサーリンク