【欅坂46】鈴本美愉の深すぎる愛?織田奈那への歪んだ愛情がスゴイ…

織田奈那のことが好きすぎる鈴本美愉

7月31日放送の『欅って、書けない?』の中で、「私だってロケに行きたい!2人ロケフィーリングカップル」という企画が行われた。

長沢菜々香と渡辺梨加の2人ロケ企画が好評だったことを受け、他のメンバーにも2人でロケに行きたい人を書いてもらい、うまくカップルが成立すればロケ行きが決定するというもの。

バラエティ番組でよくあるフィーリングカップル企画だが、そこで見せた鈴本美愉と織田奈那のやりとりの中に、鈴本の織田に対する愛情の深さが滲み出ていたので紹介したい。

前提知識としてのメンバー相関図

まず前提として知っておいて欲しいのが、4月24日放送の『欅って、書けない?』で紹介された、キャプテン菅井調べによるメンバー同士の相関図だ。それぞれ思いを寄せているメンバーに向かって矢印が伸びており、双方向の矢印は両想いを表している。(※クリックで拡大)

相関図を見ると、「鈴本美愉→織田奈那→小林由依」という風に矢印が伸びており、鈴本は織田を溺愛、織田は小林を溺愛しているという関係性だ。

小林に対する織田の愛も(ストーカー的な意味で)相当なものだが、その織田が小林(ゆいぽん)への思いを語る時の鈴本の恨めしい顔も、火曜サスペンスばりに感情が溢れ出てしまっている。

とりあえずここでは「鈴本→織田→小林」という一方通行な関係性を感じとってもらえれば問題ない。

重すぎる鈴本の愛と、置きに行った織田

今回のフィーリングカップル企画でも鈴本は迷うことなく織田を指名。「オダナナとしか行きたくない。他の選択肢はなかった。」と、あまりに重たすぎるコメントが飛び出した。

問題の織田だが、当然ここは溺愛する小林の名前を書いたのかと思いきや、なんと織田も鈴本を指名。いきなりのカップル成立に、嬉しさのあまり目に涙を浮かべる鈴本。

理由を問われた織田は「一緒にいて楽だし、私の嫌な部分もたぶん全部好きって言ってくれる。」と、完全に鈴本を都合の良い女扱い。さらに小林を選ばなかった理由を問われると、「だって好きな人と行けなくないですか?」とバッサリ。

これには鈴本も多少ショックだったようで、驚きを隠せない表情を見せた。

織田いわく「本当に好きなわけだから、一緒に行ったら緊張しちゃうし、自分の嫌なところとか見られたら絶対嫌じゃないですか。」とのことだが、これでは鈴本があまりにも可哀想だ。

…と思いきや、鈴本の方も「でもオダナナは私のことを好きになって欲しくないので、あまり傷つかない。(自分の方に)来ちゃったら、あ、大丈夫ってなる。」とこちらもこちらでバッサリ。

こういう人いるわ…

鈴本の歪んだ愛情が垣間見えてしまったが、だからこそ今の絶妙なバランスが保たれているとも言えるだろう。今回は鈴本が惚れた弱みを握られた格好だが、それでも2人が終始楽しそうだったので良しとしたい。

スポンサーリンク